音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

シベリウス:交響曲第5番 / パーヴォ・ヤルヴィ, パリ管弦楽団 (2015/2018 SACD)

シベリウスを聴くことは、様々な思いを自分の中に巡らせることでもあり。

久しぶりに聴いた感のあるパーヴォ・ヤルヴィのシベリウス。5番で。

改めて聴き直してみると、ここにあるのは実在感のあるシベリウスであるとの思いを抱いた。それは人間の息吹が確かに存在していることを意味する。

自然文化を観察描画する人間でもあり、またそれと一体となった人間を表しているようでもあり。

美なる自然に人間が取り込まれると、その人間もまた美しいものになるのだろうかなどと、思い遊び至ることもしばし。

または砂楼。音の砂楼が風に吹きさらされ、その形を失っていく様。確かにそこにあったはずが、残るは風紋のみ。

などと。

最初に述べたことの繰り返しになるが、思いを巡らせくゆらせる余白を持つ音楽が、自分にとってのシベリウスであるなと再認識させられた次第。

ベートーヴェン:交響曲第3番 / パーヴォ・ヤルヴィ, ドイツ・カンマーフィルハーモニー・ブレーメン (2005/2013 SACD)

前々から漠然と感じていた事ではあるのだけれども、パーヴォ・ヤルヴィはティンパニを恐れない。

意味や効果のある楽器として登用するから潔い。曲にアクセントを与え、楽曲を印象づける楽器であることを十分に理解し、その音を響かせている。

だから好きなんだよね、ヤルヴィさん。

ベルク:ヴァイオリン協奏曲「ある天使の思い出に」 / イザベル・ファウスト, アバド, モーツァルト管弦楽団 (2012/2018 SACD)

混沌と上澄み。

共存することで、互いの存在を認めるかのごとく。

サン=サーンス:チェロ協奏曲第1番&第2番 / モルク, ネーメ・ヤルヴィ, ベルゲン・フィルハーモニー管弦楽団 (2016 SACD)

改めて聴いてみると、実に素敵なサン=サーンスのチェロコンチェルトですね。モルクの歌心が今の自分の耳に俄然響いてくる。

以前聞きかじったクラシック音楽も、今聴くとまた別の観点が生まれてくるから面白い。

クラシック音楽のみならず、音楽そのものに対する感度が、歳を取るとともにますます高くなっているような気がしますよ。

シューマン:チェロ協奏曲 / ゴーティエ・カピュソン, ベルナルト・ハイティンク, ヨーロッパ室内管弦楽団 (2019 CD-DA)

見目麗しくイケメン過ぎて、こちらの目も耳も潰れるってものだ。

(かつてないほど酷い感想文)

ドヴォルザーク:チェロ協奏曲&ハーバート:チェロ協奏曲第2番 / ゴーティエ・カピュソン, パーヴォ・ヤルヴィ, フランクフルト放送交響楽団 (2009 CD-DA)

ふとしたことからこのディスクの存在を知り、中古にて購入。既に絶版だったので。

敬愛するゴーティエ・カピュソンによるドヴォルザーク。指揮がパーヴォ・ヤルヴィと来れば、これを聴かないわけにはいかない。

その演奏はと言うと、うっとり、の一言。ゴーティエ・カピュソンのチェロは端正で美しいことが基本なのだけれども、その基本を外さない、実に美麗なドヴォルザーク。男性ながら目をハートにしながら聴いておりました。

そして自分にとっては初めてのハーバート。これまたなんとも歌心のある、チェロをじっくりと歌わせるコンチェルト。

有名なドヴォルザークのそれと、比較的存在が地味なハーバートのそれとの対比によるカップリングではあるけれども、聴きごたえはイーブン。

パーヴォ・ヤルヴィの指揮もチェロを上手に引き立てるもので、オケも安心して聴くことが出来た次第。

これが絶版になっているとは何とももったいないことで。2008年の録音であることを考慮に入れると、早すぎたコンビネーションだったのかもしれない。

ドヴォルザーク:チェロ協奏曲