音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

2008-04-29から1日間の記事一覧

僕の妻ってどうでしょう? (1) / 福満しげゆき (2008)

福満しげゆきの語りにいちいち肯きながら読んでいるという時点で人として終わっている。

群青学舎 (3) / 入江亜季 (2008)

ストーリーは凡庸なのだけれどもどこか瑞々しい。

クレバのベスト盤 / KREVA (2008)

他にない進化を見せてしまった真面目な珍種として、KREVAと宇多田ヒカルは僕の中では同じポジションいる。そうそうに枝分かれをして、既にその先の先にまで届いてしまっている。ボリュームはヘビーなのに膨満感ゼロ。ソリッドにそしてつるっと飲み口もこれま…

alfred and cavity / the band apart (2006)

お出かけの帰り道。the band apartのアルバムはふと気づいたときに中毒になっているという傾向にある。スルメというかスメルというか。

十七歳 / Base Ball Bear (2007)

お出かけ時。唐突に。

ははーん。

いや、なんか、2枚目のキャッチには弱気な姿勢が感じられる。弱気だぞ、弱気。

ほほぅ。

RISKY / B'z (1990)

突然聴きたくなったはよいが、なんだこりゃ。この上滑り感。B'zの全盛期という前提ありの名盤だったはずが、あからさまに90年代入口そのもののスカスカ感に負けてしまった。それはそれで楽しいけれどもね。強がりだけれどもね。風呂に入っちゃうけどね。

バッハ:ロ短調ミサ / Konrad Junghanel (2003)

SACD強化月間。というわけでは決してなく。どうも体調のバランスがとりづらい。諸々致し方ないことではあるけれども、この「変わり目」の時期の違和感はどうにもこうにも拭い去れない。何よりも睡眠不足からか、歯が浮いたような感覚がつきまとい、味を感じ…

STAY / SIMPLY RED (2006)

散髪から帰還。そして、もらわれてきた炊飯器をそりゃぁもう念入りに磨き上げながら。

イキモノタチ / タテタカコ (2007)

ということでタオルケットやシーツを洗って布団を干す。朝食をとってコーヒーを飲む。平和で穏やかなゴールデンウィークの一日。リフレッシュできてますかね。眠いけど。

Tapestry / Carole King (1971/2008)

今朝の一発目。若干睡眠不足。諸々快方に向かわせるべく処方を大きく変えてもらい3週間ほど。全体的に復調傾向にあって上々の滑り出しではあるのだけれども、睡眠時間がキープできないことが若干痛手。生活や気分そのものへの影響は少ないものの、不思議と身…