音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

2011-12-05から1日間の記事一覧

Rodrigo y Gabriela / Rodrigo y Gabriela (2006)

またCDラックと語ってみた。快活なギターでおせおせに攻めてくる辺りが気持ちいい。

ALTERNATIVE / PET SHOP BOYS (1995)

2軍落ちしたオリジナルアルバムを差し置いて1軍をキープし続けるB面集。イギリスの曇り空のようなウェットな感覚を全編にまぶして仕上げたというコンパイルになっている。イギリスに行ったことはないけど。

Yes / PET SHOP BOYS (2009)

ウェットなPSBを味わうにはよく出来たアルバムだと思う。翳に味があるというか。

ribbon / 渡辺美里 (1988)

伊秩弘将、岡村靖幸、大江千里、そして小室哲哉。全盛期の渡辺美里は豪華な作曲家陣に恵まれていた。その要素を惜しみなく注ぎ込んだのがこのアルバムではないかと。メッセージソングとして括られる歌には若干の気恥ずかしさを覚えるのだけれども、それは聴…

MOTHER OF ALL THE BEST / THE YELLOW MONKEY (2004)

ま、なんとなく。

National Treasures: the Complete Singles (Deluxe Edition) / MANIC STREET PREACHERS (2011)

Disc2を聴く。夕暮れ時に緩やかなMANIC STREET PREACHERSはとても穏やかに効く。

JPN / Perfume (2011)

落ち着いて聴けるPerfumeというのもまたいい感じだね。バキバキ成分が少なめなのも聴きやすくしている要因かもしれない。