音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

2013-02-12から1日間の記事一覧

Oh!Yeah! / 小田和正 (1991)

帰宅後に再生。いつも通る交差点で夜の工事の真っ最中。その灯りを何とはなしに見ていたら、唐突に小田和正のメロディが頭の中に降ってきたので。

On The Border / 面影ラッキーホール (2012)

復路にて。いや、これは電車の中で聴く音楽ではない。ある種の羞恥プレイ。基本的にこの人たちの曲には救いがないのだから、聴くシチュエーション自体を選ばないという言い方も出来るか。どこか矛盾したような感覚。

Pieces Of The Moon / ZABADAK (1996)

出勤の往路と復路の後半戦に。これ、いいコンピレーションだよ。どうしてこのアルバムを手に入れた当時にあまり聴かなかったのだろうか。入眠剤以外の用途として気分を民族音楽的に上げていくいいツールになる。1曲1曲のインパクトは『Decade』に譲るけれど…