音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

2013-04-20から1日間の記事一覧

ULTRA Treasure / B'z (2008)

CDではなくオマケDVDを再生。いや、これオマケにしておくのはもったいないくらいのクオリティ。ショウケースを(たぶん)ノーカット収録してあるので、一本のライブを丸々楽しめる感覚。通好みの曲もヒット曲も楽しめるいいバランス。今年のLIVE-GYMには参戦…

Amok / Atoms For Peace (2013)

淡々と進行する音にそこはかとない人間の薫り。

still a Sigure virgin? / 凛として時雨 (2010)

聴けば聴くほどにやかましい音楽だな。一日中音楽を聴く中では一つのアクセントにはなり得るけれども。

春うた、夏うた。 / 槇原敬之 (2013)

TSUTAYAに並べられているのを見て、この数週間何とも思わなかったのに、今日、ふと手に取ってしまいそのままお持ち帰りに。目的は「Witch hazel」。この曲、とても好きなのにオリジナルのディスクを紛失してしまっていたのだ。図書館にも蔵書がなかったしね…

あなたと見た夢 君のいない朝 / 柴田淳 (2013)

初柴田淳オリジナル作品。全体的に湿潤な音楽が流れていく感覚。モイスチャー成分配合というやつでしょうか。フックの効いたメロディではないのだけれども、どこか他人事のように静かに情念を燃やしているような印象。これは1回聴いただけで判断出来るもので…