音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

2013-12-01から1日間の記事一覧

Evergreen / Fried Pride (2013)

Fried Prideのメロウサイドに慣れてきたのか、それともアッパーサイドとの落差が心地よいのか、今作はすんなりと耳に入ってくる。しばしうっとりと。しかし休肝日明けのアルコールは本当にてきめんだ。缶チューハイ1本でもうまぶたがくっつきっぱなしになり…

さくらの唄 / GOING STEADY (2001)

先日、妹に「過去のブログなんか読むな!気が滅入るだけだ!」と叱咤されたのだが、過去の音楽を聴くこともまた同等の効果があるように思える。ネガティブな効果とでも言えばいいか。とりあえずはあまりもの熱量に軽くあてられて酔いそう。しかし今聴くとひ…

BEST / 堀ちえみ (2001)

散歩からの帰還後に。さっきのサンソンで、やけに若い、まだまだ歌唱力が追いつかない頃の堀ちえみの曲が流れてきたので。この人はいい曲に恵まれていたと思う。

SEASON'S GREETINGS (20th ANNIVERSARY EDITION) / 山下達郎 (1993 / 2013)

サンソンが始まる前の一時間に。

(an imitation) blood orange / Mr.Children (2012)

今日は分かりやすい音楽を選ぶ傾向にあるな。午後に山下達郎のラジオが控えているからか。でも今週来週と竹内まりや提供曲特集らしいので、真新しい発見はなさそうだ。

Loose / B'z (1995)

近年のB'zが手抜きだとは言わないけれども、ここまで濃厚なアルバムを作ることはもうないのだろうなぁ、などと思いながら朝からB'z3連チャン。

FRIENDS II / B'z (1995)

「12月」という区切りとこの作品を聴くことで、無性に人恋しくなってくる。B'z作品の中でも最もエモーショナルなシリーズだと思うのだよね。12月の恋愛光景を描くことに集中しているという意味で。

FRIENDS / B'z (1992)

12月になりました。