音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

2014-04-06から1日間の記事一覧

IMPACT / TRIX (2011)

あ、結構聴ける。

Pleasure / B'z (1998)

結局アルバム1枚の時間だけではエンコードしきれず、このアルバムを聴き始めた次第。友人が言うところの「明石期」ということになるのかな。B'zは(情けないことに)ベスト盤を乱発してしまったアーティストなので、過去のベスト盤などというものは、もうな…

OFF THE LOCK / B'z (1989)

B'zも想像以上に負の遺産が残っていた!ということで、今は20枚近いCDを順次エンコードしております。今聴いているこのアルバムもその対象。このアルバムが終わるまでに全部のエンコードが完了するか否か。

Sorrow and Smile / 高野寛 (1995)

高野寛作品で今後「雑音万華鏡 -Noiz-」に掲載する作品はあるかなぁ…、などと思いながら再生。ふと思い立ってエンコードのビットレートを見たら160…。そうか、ここにも負の遺産があるかと思い、手持ちの高野寛作品をすべて192でエンコードする作業に入る。自…

TRUE KiSS DESTiNATiON / TRUE KiSS DESTiNATiON (1999)

何年ぶりに聴いたか?と思ったら、一昨年聴いていた。当時、日本でも定着しつつあったR&BへのTK的回答だと思っている。ひたすらクール。冷淡にすら聞こえてくる。でも、ここまで音数が少ないのはTKとしては非常に珍しく、いかに実験的なユニットだったかがよ…

BEST / 中森明菜 (1986/2012)

山田稔明ネタで一本書こうと思ったがどうにもこうにも言葉が続かないので作業中止。そして何となく中森明菜へ。SACDの数量限定盤を通常流通で入手出来ず、結構大変な思いをして手に入れたわりには、あっさりと再発されてしまったというあたり、見事に裏切ら…

新しい青の時代 / 山田稔明 (2013)

この作品を題材にして一本書きたいと思ったのだが、いくつかのキーワードしかでてこなくて文章にならない。こういう時は焦らず天啓を待つのみ。むしろ、この作品に言葉が入り込む隙間がないんだよな。もう言葉としてしっかり出来上がっている作品なので。

TRYANGLE / ALTIMA (2014)

1曲目からMOTSU先生の独壇場というあたり、このユニットは相当に本気だと思い知らされる。シングル曲では少々肩身が狭そうな印象だったのだけれども、アルバムでは十二分に弾けまくっている。生き生きとしているよ。まさに水を得た魚。俺、一体、どれだけMOT…

REWIND / move (2004)

起き抜けからMOTSU先生のことで頭がいっぱいになってしまったので、ここから好みの曲だけをチョイスして再生。一体この人いくつだよ?と思っていたら、友人から「永遠の18歳」と突っ込まれた。確かにその通りだった。