音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

2014-05-31から1日間の記事一覧

BLUE MOON BLUE / 高橋幸宏 (2006)

極端に音数を減らした中で、非常に孤独かつ軟らかいテクノが展開される。どうして幸宏さんのボーカルはこれほどまでに切ないのだろうか。だだっ広い平面に、一人膝を抱えて座り込んでいるような感覚。空間上では目に見えないシャボン玉がただぼんやりと割れ…

I could be free / 原田知世 (1997)

しまい込んでいた元ケースを引っ張り出してCDラックに収めたら、やはり存在感を増して目に飛び込むようになってきた。紙ジャケケースや、初回限定盤ケースの取り扱いに対して、非常に神経質になっていた時期があるのだよね。歳を取ったのかなんなのか、もう…

B'z The Best XXV 1999-2012 / B'z (2013)

このスピーカー、B'zはかなり元気に鳴らしてくれるのだよな。

THE BADDEST -Hit Parade- / 久保田利伸 (2011)

ZX1にて再生。ただでさえ馬力のあるZX1なのに、ゴリゴリとした強力なリマスタを施したこのアルバムを聴くと、もう「これでもかこれでもか」という勢いで音がぐんぐん前に出てくる。分離の良さはiPodでは敵わないレベルでありますな。うーん、このアルバムもf…

Scheherazade & Other Stories / Renaissance (1975/1994)

アニー・ハズラムの声にひたすら癒やされる。 こんなものもリリースされる。洋物のSACDはすぐに廃盤になったり、高騰したりするので早速予約済。 Scheherazade & Other Storiesアーティスト: Renaissance出版社/メーカー: Audio Fidelity発売日: 2014/07/29…

Be Covers-RESPECT for SONGS- / V.A. (2014)

ハイレゾ云々抜きにして、ミディアムスローの名曲を多彩なアーティストが丁寧に歌い上げるという点では、非常によく出来たカバー集だと思うのです。

TRYANGLE / ALTIMA (2014)

なんだ、この暑さは。