音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

2014-09-23から1日間の記事一覧

LOVE UNLIMITED ∞ / Dreams Come True (1996)

ドリカムの曲で何が一番好きかと問われると「24/7」か「嵐が来る」かで相当悩むと思う。前者はリズムが完璧。後者は曲の展開が完璧。ということで「嵐が来る」が聴きたくなり再生。その他にも粒の揃った比較的「名曲」と言ってもいい作品が並んでいる90年代…

Images & Words / Dream Theater (1992)

知人に勧められていたのだが(*)、しばらくiTunesの肥やし状態にあった。久しぶりに引っ張り出す。プログレッシブ・メタルということなのだけれども、どこがどうメタルなのかがよく分からない。ボーカリストがいきなりハイトーンでシャウトを決めるわけでもな…

ATTACK25 / Dreams Come True (2014)

基本的にはハッピーサイドなドリカムがぎっしりと揃ったアルバムでありますな。個人的に好きな不穏系ソングもしっかり収録されているし、特にこれと言っていちゃもんをつける場所はないのでは?25年近く第一線を張っている人たちが作り上げるモンスターアル…

PARTY TIME / ClariS (2014)

唐突に聴きたくなったのだが、休日の夕方にClariSを聴くという行為が、オタクに餌を与えている行為に等しいように感じられてならない。そもそもアニオタ以外にClariSなぞを聴くか?ああ、餌だ餌。アニオタへの餌。ブヒブヒ鼻を鳴らしながら食えばいい。食え…

STEREO WORXXX / capsule (2012)

何となく聴くと、何となく眠くなり、何となく落ちている。たとえそれがcapsuleであってもだ。

D404ME / 中森明菜 (1985/2014) Hi-Res

ふと気がつくと、肩に力が入りそうな音楽ばかり聴いていたので、ここで少しリラックス出来る「マイ・フェイバレット・ミュージック」を。センスないなー。

out of the loop / The Brecker Brothers (1994/2014)

発売当時、このジャケットアートが強烈に印象に残っていたのだけれども、結局手に入れることなく20年が経過。結果、今聴いた方が格段に音楽の中身がよく分かるので、本当の出逢いとしてはこれが正解だったのだろう。「ループからの脱出」。そう見せかけて、…

Yes, We Love butchers ~Tribute to bloodthirsty butchers~Abandoned Puppy / V.A. (2014)

吉村秀樹のギターがないのは当然としても、ボーカルがないというのは恐ろしいほどの喪失感を引きずり出す。音はあの曲の音を出しているのだけれども、声がそこにはないという事実。これはとても悲しい。でもミュージシャンの素晴らしいところは、亡くなった…

Beauty & RUIN / Bob Mould (2014)

前作に比較すると、ややパワーが衰える印象。それもあって、今までそれほどヘビーローテーションにはしてこなかった。もし前作がなければ、これはこれでBob Mouldの痛快な復活作!と喜んだのだろうけれども、前作のまとまり具合、パワー、メロディ、どれを取…

11:11 / Rodrigo y Gabriela (2009)

なんとなくギターインスト物2連チャン。こちらはちょっと攻撃的に。さて、erasureの通販サイトで諸々苦労しておりますよ。どうもプレオーダー数が集まった時点でオープンになる模様なのだけれども、プレオーダーの期間はついさっき、8時で終わったんだよな。…

Azure / 天野清継 (1991)

本日はいつもより1時間ほど早起き。ウィダーで薬を流し込み、カナダ在住の友人と1時間ほどチャットをして、目覚まし時計が鳴る頃に珈琲を飲む。その一連の流れにこの1枚。全ての行動に邪魔をしない、それでいて音楽として成立している。そういう芯の強い1枚…