音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

2014-10-09から1日間の記事一覧

歌で逢いましょう / 畠山美由紀 (2014) DSD128

DSD128がどうだということを話題にしてしまうと、ついついその中身を忘れがちになるので自戒を込めて歌を解説。もう、とにかく上述のようにそれから7年後。すぱっと切れ込む歌唱力、ずしんと踏み込む表現力の成長は半端ではないです。昭和歌謡を歌うと言うこ…

わたしのうた / 畠山美由紀 with ASA-CHANG&ブルーハッツ (2007)

畠山美由紀の新譜もいいけれども、このアルバムを持っていたことを忘れちゃいけない。言うならば、今の畠山美由紀に至る一つのヒントとなる作品。ビッグバンドをバックに、映画曲、童謡、数々の名曲を歌い上げるコンセプトのアルバム。当時、これを店頭試聴…

" title="PURE" class="asin">PURE / Maria Callas (2014) Hi-Res

夜になってしまったので、ヘッドホンにて鑑賞。…。鑑賞と言うよりも、一緒になって熱唱。まだ誰も帰ってきてないことをいいことに、マリアが歌い上げれば、自分もそれに競って歌い上げるということをひたすら繰り返して、鶏の首締め競争は終わり。一応これで…

Dream Theater / Dream Theater (2013)

つい最近リリースされたライブハイレゾ音源がやたらと格好良かったので、現時点での最新スタジオレコーディング作にもついつい期待をするという物で。ところが出てきたのは、非常にスッキリ、整然としたシンフォニックメタル?という代物でございました。無…

Ocean Avenue Acoustic / YELLOWCARD (2013)

「いやー、懐かしー」と思わず手に取ってしまった黄色のジャケット。ちょうど10年前、YELLOWCARDというバンドのデビュー作として、やたらとプッシュされていた作品をアコースティック再レコーディングしたアルバムとのこと。あれからもう10年も経ったか。あ…

THE CAT / Jimmy Smith (1964/2011)

例のジャズ100枚の中に入っていたのらしいけれども、未聴だったので購入は見送っていた1枚。オルガンとビッグバンドの丁々発止ですな。なかなかイカしてる。個人的にはもっともっとオルガンがフィーチャーされても面白いように思えるけれども、聴き手のお腹…

The Sidewinder / Lee Morgan (1963/2014)

午前中に聴くジャズは軽快なのがいいね。Lee Morganのジャズロック。それほどロックしているとは思わないけれども、当時は明らかにロックに傾倒したと思われたのだろうな。50年経った今では、普通にイカしてるジャズですよ、これ。

I See You While Playing The Piano / 丈青 (2014) DSD128

丈青のDSD128音源、素晴らしいです。音質も演奏も。比較対象がほとんど無い今、手放しで素晴らしいと言えるのは幸せなことなのではないかと思うのです。登場当時、高嶺の花だったCDを買ったのと同じような気分で、僕は今DSDサウンドを聴いているのかもしれな…