音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

2014-10-28から1日間の記事一覧

Ken's Bar Ⅲ / 平井堅 (2014) Hi-Res

新録売れ線J-POPで真っ当なハイレゾに挑んだ作品はまだこれにしか出会っていない。旧譜のハイレゾ化もいいけれども、新譜の真っ当なハイレゾ音質での録音にも早く遭遇したいものだ。

beside / 荒井岳史 (2014)

このフォーキーな優しい質感が、聴いていて安心感をもたらすのだよね。地味だけれども、地味なりに存在感のある1枚。

Dangerous / Michael Jackson (1991/2001)

ふと思いたち、しばらく聴いていなかった現代寄りのマイケルを1枚。1曲目のリズムの印象だけがやけに強く残っていてちょっと敬遠していたこのアルバムだけれども、ちょっとボリュームを上げてセンターで聴いてみると、これが結構いい音を出している。僕が持…

氷の世界-40th Anniversary Special Edition / 井上陽水 (2014)

これはこれで70年代の音の記録に、今のCDの持ちうる力で対抗したというポジションで聴ける。聴けば聴くほどに、音のクリアネスが見えてくるとでも言いますか。でも聴いたのはMP3だけどな。

坂本冬美コンサート@神奈川県民ホール(10/27夜の部)

昨夜書いた概要でほぼ言いたいことは言い尽くしてしまった。それくらいシンプルな「コンサート」だったのです。テレビカメラも入っていて、年明けにBS朝日で放送されるとか。1曲目からいきなり「夜桜お七」。この時点で「いきなり全力投球だねぇ」と心を鷲づ…

ギヤ・ブルーズ / thee michelle gun elephant (1998)

「1日1枚は聴くぜ、全thee michelle gun elephantさん」ウィークであることを忘れちゃなんねぇ。1曲目からベースをゴリゴリ言わせて、重心の低いTMGEならではのロックで攻め立てる。ギターのストロークが鳴り響いても、重心は低いまま。BPMの緩い曲でも、曲…

Off The Wall / Michael Jackson (1979/2014) Hi-Res

ツェッペリンとマイケルのハイレゾが、僕の中の1つの基準になりつつあるような気がする。

" title="レッド・ツェッペリン?" class="asin">Led Zeppelin Ⅳ / Led Zeppelin (1971/2014) Hi-Res

朝からやかましい音楽をハイレゾサウンドで。CDを聴いた際に「なんだろうね、この物足りなさは」と思っていたものが、全て覆された。「ハイレゾって、こういうことを言うのだよ」という元気が出てきた。自分の中で「ハイレゾとはアナログマスターを起こして…