音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

2014-11-04から1日間の記事一覧

風街ろまん / はっぴいえんど (1971/2009)

秋の夜長にほとほと疲れ 酒を飲めども酔えはせぬ やがて気がつきゃ眠りに入り ぐらり傾いだ椅子の上

歌で逢いましょう / 畠山美由紀 (2014) DSD128

秋の夜長に洗練された演歌・歌謡曲を。

THE CAT / Jimmy Smith (1964/2011)

夜のインターミッションに。

CAROL-A DAY IN A GIRL'S LIFE 1991- / TM NETWORK (1988)

ちょっと考え事をしようと古いアルバムを持ち出したが、音の見え方がこれまでと全然違うことにビックリして、つい聞き入ってしまった。きっとDACとして使っているDENON君が頑張っているのだろう。やはりいい買い物をした。

SKA ME FOREVER / 東京スカパラダイスオーケストラ (2014)

うーん。やはりしっくりこないな。自分の中で、このアルバムはなかったことにしよう。個人的な好みによる当たり外れが大きいのがスカパラでもあるので。

HEAD HUNTERS / Herbie Hancock (1973/2007) SACD

先日TSUTAYAで借りてきた音源が少々古いものだったので、念のため図書館で検索をしてみるとSACDハイブリッドの蔵書がある事が判明。早速予約して、本日受け取りに言った次第。うーん。いいですなぁ。ちゃかぽこ言っているドラムとパーカッションが、余計にリ…

Led Zeppelin Ⅲ / Led Zeppelin (1970/1995)

図書館にて接収。この作品だけすっ飛ばしてⅠ、Ⅱ、Ⅳをハイレゾで購入していたのだが、何のことはない「アコースティックで地味な作品」と書かれていたので「ま、見送ってもいいか」と思っていた次第。ところがどっこい。聴いてみると、これがまたじっくりと聴…

こわれもの / Yes (1971/2011) SACD

このアルバムは頭のデフラグをしたいときにもってこいなのだよな。パズルがどんどん組み上がる感覚。

TRAD / 竹内まりや (2014)

爽やかな午前だと思いながらこの作品を聴いていたら、一本の電話が。…遺産相続は面倒くさいものなのだなぁ…。

27 / DIMENSION (2014)

DIMENSION最新作。昨日も書いたことだけれども、やはり「ジャパフュー」なるものにはある種の共通点というかマナーというかお約束のようなものがって、そのカテゴリの中で一生懸命頑張っているという印象が拭えないのだよね。だから聴いている最中は爽快だけ…