音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

2015-01-21から1日間の記事一覧

Heaven Or Las Vegas / Cocteau Twins (1990)

ポタプロにてドリーミーに。

Rocks! / Fried Pride (2014)

ま、色々と注文をつけては来ましたが、やはりカッコいいものはカッコいいのでありまして。Shihoのボーカルはロックにとてもよく似合うということを再確認させられるアルバムなのでありました。別にシャウトをするわけでもなく、力むわけでもなく、自然と声が…

謎のオープンワールド / the band apart (2015)

期待の最新作。今回も全詞日本詞ということで前作を踏襲する路線になるのか?と思いきや、アルバムのトーンを思い切り変えてきた。とにかく明るくポップ。その分the band apartならではのバンドアンサンブルの特色が若干後退したかという感もなきにしもあら…

シューマン:交響曲全集 / サー・サイモン・ラトル, ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 (2014) Hi-Res

第1番と第4番を。軽妙なのだけれども、ネットリともしていて、何とも言えない肌感覚。ただ、聴きやすいことには間違いない。192/24の威力も存分に発揮されているのではなかろうかという、空間の響き。いいっすねぇ。

バッハ:チェロとチェンバロのためのソナタ全集 / シュタルケル&ルージイッチコバ (2004)

なんとなくCDラックのクラシック列を眺めていたら、この作品が目に入ったので再生。女性の弾くチェンバロの音を男性の弾くチェロが優しく包み込んで、とても優しいバッハに仕上がっている印象。聴いていると段々と落ち着いてくるけれども、時折スリリングな…

Stan Getz Plays / Stan Getz (1953/2003)

借りたはいいが聴けずにいた本作が非常にソフトでよろしい。ソフトでありながらも眠くはならないという絶妙なバランス。昼間からだというのに、ついつい聴き惚れてしまう。これが夜とアルコールの組み合わせならかなりいい感じだろう。モノラル音源であるこ…

Silver Age / Bob Mould (2012)

帰宅後に何となく再生。

Greatest Hits!!〜updated Omokage Lucky Hole〜 / Only Love Hurts (2015)

朝から小雪がぱらつく中、ハローワークへ。地下鉄の移動中に。「愛のブラックホール」はやはり名曲中の名曲であると実感。この曲、カラオケに入らないだろうか。思いっきり歌い上げてみたい。