音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

2015-04-11から1日間の記事一覧

Adventure / Madeon (2015) Hi-Res

何気なくe+のメールマガジンを読んでいたら「エレクトロ・ポップ界のワンダーキッド=マデオン」などという煽り文句が目についてしまい、「すわ!エレクトロ・ポップとな!」と急に興味が湧いてきて、ちょろっと調べてからiTsで全曲試聴。「こりゃ、大当たり…

シューマン:序曲・スケルツォとフィナーレ&コンツェルトシュトゥック / ヤルヴィ,ドイツ・カンマーフィルハーモニー・ブレーメン (2014) SACD

交響曲4番まで聴くつもりが、ふと目についたメールマガジンで紹介されていたアーティストの情報をディグり始めてしまい、そちらの試聴にシフト。

Duets: Re-Working The Catalogue / Van Morrison (2015) Hi-Res

あれ?どういうこと?そういうことです。もう、1曲目の低音の張り出しからしてCDとは全く異なる世界。これがハイレゾの底力と言うやつだ。で、ハイレゾで購入した新譜と言うことで、きっと再生回数も増える、と言うことだ。まぁ、細かいことは気にしない。

Duets: Re-Working The Catalogue / Van Morrison (2015)

何気なく「Find HD Music」で「Van Morrison」と検索したら、このアルバムがヒットしてしまいましたよ。ドイツとUKのHDtracksで配信されていた!なんてこった!「これがハイレゾでリリースされていればなぁ」と思いつつ、アメリカのHDtracksで配信される気配…

UNDERGROUND / fox capture plan (2015)

ライブDVDを鑑賞。非常に丁寧なミックスが施されているので、CDとの違和感がなく、じっくりと聴ける。演奏はCDよりもややエモーショナルに。ただ、それほど熱量が増えるというわけでもなく、CDを作成する段階である程度作り込まれているということがよくわか…

Burning tree / GRAPEVINE (2015) Hi-Res

これまでのGRAPEVINEの新作と言えば、3回くらい聴いてそれで満足をしていたのだが、今回はハイレゾ音源という理由を差し引いても、再生回数がダントツに多い。再生機会を増やす結果に繋がるのであれば、ハイレゾも悪くない。それにしても邦楽ロックに192/24…

triology / クラムボン (2015) Hi-Res

分かってはいたことだけれども、クラムボンが全ての本気を出し尽くしてアルバムを作り上げると、このような非常に「意志の強い」1枚になるのだな。ハイレゾの音がどうこうとか言うのではなく、ただとにかく濃いエネルギーに充ち満ちた1枚。予想通りの傑作で…

Sonic Highways / Foo Fighters (2014) Hi-Res

土曜日の朝くらい、心ゆくまでたっぷりと眠ればよいものを、結局8時間くらいで目を覚ましてしまうわけであります。もう、昔みたいに昼過ぎまで寝る、ということもなくなるのかしら。それが歳を取ってくるというものなのかもしれないけれども。いや、心身共に…