音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

2016-03-02から1日間の記事一覧

SPRING TRACKS -春のうた- / ClariS (2016 AppleMusic)

あれ?ClariSを初めて「良い」と思った。オリジナルのリードトラックも申し分ないのだが、それ以外のカバー曲も軽やかに作られていて、結構気分良く聴ける。「明日、春が来たら」なんて、松たか子でしか出来ない世界だと思っていたのに、高校生が歌うこの曲…

IN A LIFE TIME / GRAPEVINE (2015 FLAC)

なんか最終段階のドナドナ大会を開催したら、マジックポイントが著しく吸い取られるような感覚に陥った。

Distance / 宇多田ヒカル (2001 FLAC)

追加出品の作業をしながら。

SEA IS A LADY / 角松敏生 (1987 FLAC)

ドナドナ追加出品をば。それでもまだネタはあるんだよ。ただ、色々と面倒なだけで。手軽な物から優先的に出品していったのだけれども、それでも100枚オーバーになっているあたり、いかに自分のCDラックには無駄が棲みついていたか、そしてFLACファイルが優秀…

Operation Overload7 / move (2001 FLAC)

ドナドナ第3弾(最終回)のための準備を着々と進める。これでもうしばらくはドナドナする対象もないだろう(一応あると言えばあるのだが)。

Mr.Children 2001-2005 〈micro〉/ Mr.Children (2012 CD-DA)

黙々と(以下略)。

GOLDEN YEARS Singles 1996-2001 / THE YELLOW MONKEY (2001 CD-DA)

黙々とクラシック山のFLAC化作業に徹する。今日はクライバーとピアノコンチェルト絡みのCDを対象に。

ベートーヴェン:交響曲第4番 / クライバー, バイエルン国立歌劇場管弦楽団 (2002 CD-DA)

7番が非常に良かったので、安価で買える4番も発注。クライバーの指揮するベートーヴェンはフルオケなのに軽やかに疾走する感覚で素敵。じっとりと重くならないのがいいですな。軽く聴けるクラシックといった感覚で。

THE SQUARE YEAR END Live 20151226 / THE SQUARE (2016 ハイレゾ DSD128)

友人の息子君が第一志望の都立高に合格できなかったという報せを受けて自分がやや凹む。でも、本人も親もは第二志望だった私立校で都会の荒波に揉まれることを潔しとしていたので、こちらも元気が出てきた。そうだよね。そんなことでへこたれる子じゃないも…

after dance/before sunrise / あらかじめ決められた恋人たちへ (2016 ハイレゾ 48/24)

名前は知っていたけれども、初めて聴くアーティスト。昨夜試聴をしてみたら意外な音楽性だったので、思わずダウンロード。メインは鍵盤ハーモニカ。しかしそれがダブやシューゲイズ的バックに乗ることで、平和であったり、不穏であったりという世界が目まぐ…