音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

2016-08-28から1日間の記事一覧

Swimming Over London / King's Singers (2009/2016 ハイレゾ 44.1/24)

丸く一日を収めましょう。

A.O.R. / Moonriders (1992 FLAC)

自分にとってのムーンライダーズって、やっぱりこの辺なのだよね。

ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第1番&第2番 / グルダ, シュタイン, ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 (1970/2013 FLAC)

今日はピアノ協奏曲。グルダのピアノは粒立ちがハッキリしていてなおかつ軽快。それでいて決して軟弱な甘さはない。重量級というほどの音ではないけれども、鍵盤の上を指が面白いくらいに踊っているのがよく分かる。一つ一つの音が明瞭で、容易に耳が音を拾…

The Best / PYRAMID (2015 ハイレゾ 96/24)

これをフュージョンとして聴くと何かが物足りないように感じられるが、スムースジャズだと思って聴くと実はすんなりと腹落ちすることを発見。シャレたBGMと言った具合にね。

BLACK TRACK / SOIL&"PIMP"SESSIONS (2016 ハイレゾ 96/24)

夜に聴くべき音楽を昼間に聴こうとは。いや、昼間に聴いても何も問題はありませんがね。

REFLECTION {Drip} / Mr.Children (2015 ハイレゾ 96/24)

{Naked}が冗長だとは思わないけれども、やはり集中して聴くには{Drip}の方に分があると言ったところ。Mr.Childrenに限らず、2時間物のアルバムを聴くには根気が求められる側面もあるし。

寝ホンとして

Shure SE215SPE-A が仲間入り。某ショップにて時限電撃特価で売られているのを発見して速攻購入。普通の売値だったらまず買うことはなかっただろうけれども、これも運命の巡り合わせというものだ。これにてSE425は完全にBluetoothレシーバ専用となりました。…

MELODIES (30th ANNIVERSARY EDITION) / 山下達郎 (2013 FLAC)

日曜日の朝には抜群の安定感を持った音楽を。とはいえ、このアルバムだってもう33年も前の作品なのだから、音楽における時間の経年感覚を著しく狂わせるアルバムだな、これは。

COVER 70's / 柴田淳 (2012 FLAC)

羽毛田丈史の洗練されたアレンジと原曲リスペクトの姿勢にこの歌声が乗れば、それはもちろん聴き心地のよい音楽になるでしょう。この作品も不思議と飽きることを知らないカバーアルバム。

イージーリスニング / 坂本真綾 (2001 FLAC)

「birds」の2:40からのギターのアルペジオ、そこから大サビに入り、3:10のブレイク、3:33からのドラム。光差す世界へと飛び立つ鳥たちの群れ、その様子を描画したような曲の構成は、15年聴き続けても見事としか言いようがない。自分にとってのエヴァーグリー…

Million Clouds / 坂本真綾 (2016 ハイレゾ 96/24)

このお方は徹頭徹尾、順当に歳を重ねていくアクトレスですな。その安心感こそが惹かれ続ける理由でもあるのですが。

風夢[Remaster] / 斉藤由貴 (1987/2016 ハイレゾ 96/24)

本日の朝一に。なんだろうね、この少女性とでも言うべき柔らかさと、ファンタジーをファンタジーで終わらせない地に足の着いた人間性と言うべき素晴らしきバランス感覚は。アイドルと言うよりはむしろアクトレスに近い世界観の構築力が備わっていたと言うこ…