音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

2016-10-29から1日間の記事一覧

Day Breaks / Norah Jones (2016 ハイレゾ 96/24)

バラードのように眠っていた。

スナックJUJU 〜夜のRequest〜 / JUJU (2016 ハイレゾ 96/24)

まぁ、そういう流れになるわな。

恋愛小説2〜若葉のころ / 原田知世 (2016 ハイレゾ 88.2/24)

なんとなくカバーアルバムの流れ。ということは、次は…。

アワー・ソングス / アイドルネッサンス (2016 ハイレゾ 96/24)

聴きながら心地よく寝落ち。

シベリウス:交響曲第5番 / ラトル,ベルリンフィル (2015 ハイレゾ 48/24)

そしてラトル。こうやって聴き比べてみると、三者三様見事に演奏も解釈も異なっていることがわかって面白い。ラトルは明るい印象であることは間違いないのだけれども、それ以上に、思った以上にクラシックしていることがよく分かる。濃厚なのだよね。ダイナ…

シベリウス:交響曲第5番 / ベルグルンド, ヨーロッパ室内管弦楽団 (1998/2012 CD-DA)

で、またベルグルンドのヨーロッパ室内管弦楽団を聴くと、これまた水が滴るような自然の美しさがにじみ出てくるような演奏。素晴らしい。こうなってくるとフォーマットなんて全然関係ないね。でも主に聴くのは1番と5番。今日の聴き比べも5番で行っています。…

シベリウス:交響曲第5番 / コリン・デイヴィス, ロンドン交響楽団 (2016 SACD)

急にシベリウス熱発症か?コリン・デイヴィスのロンドン響90年代録音のBOXセットがCDラックの一番古い存在で、次にベルグルンドのヘルシンキフィルハーモニーの1番5番セット、そしてまたベルグルンドのヨーロッパ室内管弦楽団4枚セット、そしてデイヴィスの…

虚無病 / amazarashi (2016 FLAC)

うん。amazarashiは完全にフルスロットルに入っているわ。ミニアルバムでこの濃度。キツい。

Nobody But Me / Michael Buble (2016 ハイレゾ 44.1/24)

寒くなってくるとマイケル・ブーブレを聴きたくなるね。

感受性応答セヨ / eastern youth (2002 FLAC)

秋の夜長の後の朝にはWalkmanの盆栽作業がよく似合う。ということで、そんなチマチマした作業をしながらこの作品を。

BLUE MOON BLUE / 高橋幸宏 (2006 FLAC)

寝落ち起き未明の音楽群でありました。朝だ。

Neo Yankees' Holiday [Remaster] / Fishmans (1993/2016 ハイレゾ 96/24)

上のブッチャーズの記事にも書いたけど、Fishmansもまたそういう存在なのだよね。

kocorono [最終盤] / bloodthirsty butchers (2016 FLAC)

長々と書いた。詳しくはこちらで。