音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

2017-12-09から1日間の記事一覧

Oh!Yeah! / 小田和正 (1991 FLAC)

NW-ZX300のハイゲイン設定で。寝落ちするでもなく、ダラダラと過去のFacebookアーカイブなどを眺めつつ夜更かし。しかしそれにも飽きた。しかし自分にとっての小田和正は後にも先にもこのベスト盤だけなのだな。オフコースにしてもベスト盤しか聴かないし。

HAMMER MUSIC / UP-BEAT (1990 FLAC)

いつの間にかAppleMusicにUP-BEATがラインナップされていたので、ご祝儀として聴く。NW-ZX300をハイゲイン設定にして。

Cross Road / Bon Jovi (1994 Deezer)

はい、来ました。「Deezer」。ロスレス配信。CD並みの音質で黒船がやって来ました。で、ローンチ当日からぼちぼち使い、今日、本格的に掘り下げて使っているのだけれども、なんだか色々となんだかなぁと。ソフトのUIや検索結果表示の酷さにクラッと来るもの…

ブラームス:ドイツ・レクイエム / ショルティ, シカゴ交響楽団&シカゴ交響合唱団 (1979/2015 CD-DA)

タワレコ限定掘り出し物。これからの季節にふさわしい厳かさ。これがブラームスなのか!とクラシック初心者はあっさりとノックアウトを喰らったわけで。このクオリティで税抜1,200円。クラシックはお宝が沢山あるものなのだなぁ。

Hydra / TOTO (1979/2005 FLAC)

ちょっと待って。何これ。やたらイカしたクラシカルハードロックじゃないですか。あとで、ヘッドホンで聴き直す。なんか、凄い。

Automaton / Jamiroquai (2017 FLAC)

まぁ、ジャミロクアイは何をやっても結局はジャミロクアイの音になると言うことですね。

相聞 / 中島みゆき (2017 FLAC)

中島みゆきのオリジナルの新譜を聴くのは相当久しぶりのこと。今ならばなんとなく聴けそうな気がして借りてきた。結果、よい。非常に良い。どの曲もすんなりと耳に入ってきて、かつ、1曲1曲どこかしらに心を揺さぶられる要素が存在する。これは凄い。今さら…

Cage / 中森明菜 (2017 FLAC)

中森明菜、2枚同時リリースの、まずはダンストラックカバーアルバムを。まぁ、そうですね。こちらは何というか、調理された中森明菜と言った感ですかね。違和感とまでは行かないけれども、なぜこれをやろうとしたのだろうか?と言う疑問は残る。80年代が今見…

Canned Funk / Joe Farrell (1974/2011 ハイレゾ 192/24)

寝落ち明けの朝一に。たまにはこんなジャズファンク系の音楽で迎える朝もいい。