音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

2018-02-03から1日間の記事一覧

Operation Overload7 / move (2001 FLAC)

ほほう。moveとHA-FW01との組み合わせはなかなか強力だな。低音はズシズシくるけれども解像度が高いから全体的な音は細かく制御されているし。聴いていて理屈抜きに楽しい。ところで、このアルバムを聴きながらふと思ったのだが、当時moveを聴いていた野郎ど…

田原俊彦A面コレクション / 田原俊彦 (1986 FLAC)

意外と歌えるものだなぁ。

BEST of TUBEst 〜All Time Best〜 [Selected] / TUBE (2015 FLAC)

このアルバムもライブラリFLAC化の候補に入っていたのだよね。やっとできた。

Come Out You're Hiding / flor (2017 ハイレゾ 44.1/24)

ソフトだけれどもエッジの効いたシンセロック。こう言うの、好きだわー。

マーラー:交響曲第5番 / ヴァンスカ&ミネソタ管弦楽団 (2017 SACD)

非常に彩度の高いマーラー5番。そして潔く清い。シベリウスでの印象そのまま。ヴァンスカとミネソタ管弦楽団の組み合わせは、完全に自分好みの音ですね。マーラーに「美しい」と言う表現がふさわしいのかどうかはともかくとして、事実、美しい演奏であります…

ショスタコーヴィチ:交響曲第6番&弦楽四重奏曲第8番 / ヤルヴィ&エストニア祝祭管弦楽団 (2018 CD-DA)

いやー。ショスタコーヴィチは本当によくわかんないや。淡々とハチャメチャな感じ。これは本当に難しい。

SHISHAMO 4 / SHISHAMO (2017 FLAC)

SHISHAMOも前作を聴いたときには「ふーん」で終わってしまったのだけれども、このアルバムはなかなか聴かせるじゃないか。案外と可愛らしい雰囲気。脱力まで至らない適度な力の抜けかたが、聴いていて疲れを感じさせない。ボーカルのスタイルがどことなくaik…

Everybody!! / WANIMA (2018 FLAC)

久しぶりにTSUTAYA詣でをしてきた。で、こいつをレンタル。あれ?前ミニアルバムで聴いた時には「ああ、高校生にウケそうなパンクだねぇ」程度の印象でしかなかったのだけれども、フルアルバムで聴いてみると意外と聴かせることに気がつく。悪くないんじゃな…