音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

2018-03-31から1日間の記事一覧

ブルックナー:交響曲第3番 / ヴァント,ケルン放送交響楽団 (1982/2010 CD-DA)

いいねー。金管バリバリでカッコいい。ブルックナーはオケを楽しむための音楽だと思えるようになってきた。

リスト:ファウスト交響曲 / ショルティ, シカゴ交響楽団 (1986/2007 CD-DA)

ボックスセット『THE ART OF Sir Georg Solti』(2013)より。この曲を聴くのは2回目だな。前回は頭2曲が退屈だと思っていたけれども、今回は全曲通して楽しく聴けた。時折眠くなるシーンもあるのだけれども、なかなかにドラマティックな展開を持った楽曲では…

シベリウス:交響曲第5番 / ベルグルンド, ヘルシンキ・フィルハーモニー管弦楽団 (1988//2017 CD-DA)

久しぶり感のあるベルグルンド&ヘルシンキハーモニー管弦楽団によるシベリウス5番。このところヴァンスカ盤でばかり聴いていたので、新たな発見が多い。ベルグルンドのこれは原木から彫りだしたプリミティヴなシベリウス。ヴァンスカは氷柱を溶かして作り上…

シューマン&グリーグ:ピアノ協奏曲イ短調 / プレヴィン,ロンドン交響楽団,ルプー (1973/2009 CD-DA)

今日一日で、クラシックブログネタを2本書いてしまった。リハビリが上手く行っている証拠かしらん。

Bona Makes You Sweat / Richard Bona (2009 FLAC)

ラテン・アフリカン・ボーカル・フュージョン?たまたま図書館で目が合ったので予備知識ゼロで借りてきた1枚。その筋では有名なベーシスト兼ボーカリストだそうで。ジャケットの雰囲気がよかったので、手に取った次第。なんだか多国籍料理だか無国籍料理だか…

A DAY IN THE LIFE / Wes Montgomery (1967/2003 FLAC)

以前、どこかで聴いたことはあるのだけれども、その時には何も印象に残らなかったのだよね。ところがどっこい、今になってジャズへの理解が進んでから聴くと、実にユニークな試みのアルバムであることに気付かされる。演奏もアレンジも素晴らしい。40を過ぎ…

大村憲司 〜 ヴェリィ・ベスト・ライヴ・トラックス / 大村憲司 (2018 ハイレゾ 96/24)

シャワーを浴びたり出掛ける用意をしたり。

音波のお手軽クラシック

ちゃんと毎週更新してますよ。でも、これ、本当に最低ラインの半年間続けられるのかな。文章を書くこと自体はかなりリハビリが進んできたような気はするけれども。⇒音波のお手軽クラシック

Velvet Vault / Karen Souza (2017 FLAC)

友人から安価で譲ってもらった1枚。アルゼンチン出身の女性ジャズシンガー。これまたいい匙加減のスモーキーボイスで魅了される。昼間に聴くのがもったいないくらい。録音も良質。甘く気怠いボーカルがたまりませんな。アップテンポの曲もこれまた陽気でいい…

バッハ:管弦楽組曲 / コープマン&アムステルダム・バロック交響楽団 (1997/2004 CD-DA)

本日の朝一に。久しぶりにぐっすりと眠れたような気がする。