音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

2018-05-22から1日間の記事一覧

DOROTHY / 鬼束ちひろ (2009 FLAC)

この作品のスケール感と言いますか、幅の広さは、鬼束ちひろを代表する1枚となってもおかしくないくらいの存在感にも繋がると思っています。では、おやすみなさい。明日の朝は、ハイレゾ作品が2作品待ち構えていますので。

BPM “BEST FILES” / TWO-MIX (1997 FLAC)

久しぶりにTWO-MIXとか引っ張り出して聴いてみるとさー、この劣化TKメロディにシーケンスサウンドを組み合わせて女性ボーカルを乗せてアニソンに仕上げるって、実は結構な発明だったんじゃないかなー、なんて、思ってみるのテスト。思ってみただけ。

夜、カルメンの詩集 / 清春 (2018 FLAC)

不思議なカタルシスを得ることの出来る作品。清春もなかなか凄いアルバムを作ってしまったもんだ。

SCREW / チェッカーズ (1988/2018 FLAC)

結局諸々を終えたのは17時を回ろうとする頃であり、ほとんど一日がかりでございました。その帰宅後に。

LOVE BEBOP / MISIA (2016 ハイレゾ 88.2/24)

HA-FW01とAZLA SednaEarFitとの組み合わせで、俺的J-POPハイレゾリファレンスの本作を。いやー、上物のキラキラ感が低音の張り出しと相まって、とにかくゴキゲン。しばしイヤピース放浪者だったけれども、これは本当に決定打ですな。音楽を気持ちよく聴かせ…

GO AHEAD! / 山下達郎 (1978/2002 FLAC)

病院に行くまでの暇つぶし。

TRUTH / THE SQUARE (1987/2015 ハイレゾ DSD64)

本日の朝一に。イヤピースをAZLA SednaEarFitに換えてみた。すると、これまで自分が経験したことのないウェルバランス感が。中域の見通しの良さと、高域の煌びやかさが加わって、元々低域がしっかりしているイヤホン、HA-FW01が自分にとって最強の存在に生ま…