音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

2018-06-09から1日間の記事一覧

WELCOME TO THE ROSE GARDEN / T-SQUARE (1995/2015 ハイレゾ DSD64)

ああ、今日はなんともボンヤリとした一日だった。

ショスタコーヴィチ:交響曲第5番 / ネルソンス, ボストン交響楽団 (2016 ハイレゾ 96/24)

はい、来週の「音波のお手軽クラシック」のネタはこれで決まり。逆ギレの文章が展開されております。書き切った。

Still Dreaming / Joshua Redman (2018 ハイレゾ 96/24)

買ったはいいが聴けてなかった作品。意外とアバンギャルドであるなー、等と思いながら聴いていたが、「成分2018」の更新作業に没頭していたらいつの間にか終わっていた。次回、真剣に聴きます。

チャイム[Remaster] / 斉藤由貴 (1986/2016 ハイレゾ 96/24)

昼の寝起き明けの一発目に。なんだかボンヤリとしている頭で聴くには丁度いい、柔らかい作品だよね、これ。

靖幸 / 岡村靖幸 (1989/2012 FLAC)

イヤホンにて再生。AZLAのSednaEarfit。これまでMサイズで使っていたのだけれども「もしかしてワンサイズ大きいか」と思い、Sサイズを発注。なるほど確かにこちらの方が耳にすっぽりと入って、かつ、隙間もない。他のメーカーで使っていたのが基本的にMサイ…

ベートーヴェン:交響曲第3番&第8番 / カラヤン, ベルリン・フィル・ハーモニー管弦楽団 (1984/2018 UHQCD)

ちょっと、カラヤン、図書館で漁ってこようかしら。

クラシックブログ更新

なんだかんだでベートーヴェンってのは偉大なんだなと。⇒音波のお手軽クラシック(第14回)

ブルックナー第8番 / カラヤン, ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 (1988/2018 SACD)

初めてのESOTERICのSACDですよ。オリジナルは44.1/16のデジタル録音。この時代だからまぁ、仕方がない。問題はそのSACD化だ。よくぞここまでと言うほどに、芳醇なトーンを持った調整がなされ、いかにもSACDを聴いているかのごとく。無論、それだけのクオリテ…