音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

2019-02-11から1日間の記事一覧

CITY LIGHTS 2nd Season / 田中裕梨 (2019 CD-DA)

最初に自分が思っていた以上に、これは良いですよ。コンセプトがしっかりしているので、カバーアルバムとして非常によく出来ている。演奏のどことなくアマチュア風な雰囲気(あくまも雰囲気ね)が、なんだろうな、この当時の音楽の「手作り感」を今に再現さ…

TRAVELRS / PAT METHENY GROUP (1983/2018 SACD)

甥っ子姪っ子が3人集まって、居間はにぎやかに。僕は自室でゆったりとコーヒーを飲みながらこの美しい音が紡がれるアルバムに耳を傾ける。子どもたちの嬌声をバックグラウンドにしながら。そんなのんびりとした3連休最終日。

GUITARHYTHM FOREVER Vol.1 / 布袋寅泰 (1995 FLAC)

録音やリマスタでカリッと仕上げられたJ-POP系の最近の音楽よりも、まだそこまでの技術がなかった90年代のそれの方が、聴いていてなんか安心する音になるんだよね。それが今のシステムの特徴。カリッと仕立てと高解像度システムとの相乗が、やや喧嘩してるの…

IN THE LIFE / B'z (1991 FLAC)

この時期辺りのB'zまでは、今のシステムで聴いても特に違和感なく聴けるのだよね。恐らく『Brotherhood』辺りから、音的にカリッとした仕上がりにしてあって、それがシステムの高解像度と相まって音がシャープに聞こえてるのでしょう。その辺は痛し痒しとい…

MELODIES (30th ANNIVERSARY EDITION) / 山下達郎 (2013 FLAC)

本当に何と言いますか、心技体完璧に揃った素晴らしいアルバムですよ。その本領を発揮させずに今まで聴いてきたのだな。もったいないことだ。これからは、それを深掘りして聴ける環境になったわけで、休日にまたその幸せを噛みしめているのですよ。相も変わ…

Origins / Imagine Dragons (2018 ハイレゾ 44.1/24)

Imagine Dragonsに共通したことであるけれども、スルメアルバムなんだよね、基本的に。じんわりと聴いてきて、だんだんとやみつきになってくるのだよね。今、丁度その過程にあると実感している次第。Origins 【Hi-Res】

Sunshine Rock / Bob Mould (2019 FLAC)

本日の朝一に。昨夜は4時まで妹と二人でカラオケしてましたよ。しかしとんでもない勢いで突っ走るパワーロック。油断してるうちに12曲36分があっという間に突き抜けて行ってしまった。本当に、この勢いは手のつけようのない暴走トラックであるかのような。