音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

2019-03-21から1日間の記事一覧

ヴィヴァルディ:『四季』 / ヤンセン (2014/2017 ハイレゾ 96/24)

優雅さはもちろんのこと、それ以上に闊達さとハードボイルドな雰囲気が全体を支配する『四季』。なめてかかって聴いたら、返り討ちにあった状態。『四季』がこんなにハードボイルドな楽曲だったとはね。「春」のイメージが強すぎるので、余計にそう感じたの…

ブルックナー:交響曲第5番 / ハイティンク, ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団 (1972/2019 Blu-ray Audio)

西洋画と水墨画のハイブリッドのような世界。以前から思っていることではあるけれども、ブルックナーはメロディを楽しむための音楽ではなく、オーケストラの流れや響きを楽しむための音楽だと思いながら聴いている。正直聴いていてポカンと暇になることもあ…

ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第5番 / アシュケナージ, ショルティ, シカゴ交響楽団 (1973/2018 Blu-ray Audio)

光ケーブルを変えたおかげで、安心してBlu-rayAudioを楽しむことが出来るようになったわけであります。これが本来の音に近い音なのね。DACで強制的に48/24にさせられるからねぇ。本来の音、ではないよね。

Scream / Michael Jackson (2017 ハイレゾ 96/24)

発売当時には購入を見送っていた作品。これもHDtracksの25%OFFを機に購入。ハロウィン的ホラー作品をコンパイルした企画アルバムと言うことで、当時はあまり惹かれる要素がなかったのだよね。で、心を入れ替えて聴いてみたわけですが、これが実によく出来た…

JVCのスパイラルドット++(イヤピース)

イヤホンという物は、本当に色んな意味で人をスパイラルに巻き込む物でして。今回巻き込まれたのはイヤピース。AZLAのSednaEarfitでしばらく落ち着いてたのだけど、JVCが「スパイラルドット++」と言う新製品を発表したと、昨日の昼休みにスマホで読んでいたT…

Innervisions / Stevie Wonder (1973/2014 ハイレゾ 96/24)

HDtracksが開業記念日的なセールで全品25%OFFの大売り出し。このビッグウェーヴには乗るしかない!と、これまであたりをつけていた作品や、トップセールスの作品からこれまで聴いたことのなかった作品などをピックアップして4作購入。それでもトータルで日…