音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

2019-08-04から1日間の記事一覧

イージーリスニング / 坂本真綾 (2001 FLAC)

日曜夜の最後の一時に。とにかく何を鳴らしても上品なのですよ。それでいて安易に大人しい音ではない。主張すべきは主張する。引くとことは引く。それってとても大事なことなのだけれども、なかなかスピーカーには難しい作業ですよね。と言うことで、おやす…

GAME / Perfume (2008 FLAC)

じゃぁ、この打ち込みの塊のような音楽はと言いますと、これまたいい感じに鳴るんですよ。いい感じとは、フォーカルさんに近い、どこか自然な響きとでも言うのでしょうか。音源はとことん人工的な音作りなのに、出てくる音楽は人間味が表れてくるような。

CAROL-A DAY IN A GIRL'S LIFE 1991- / TM NETWORK (1988/2014 ハイレゾ 96/24)

本当にいい音で鳴るんですよ。このアコースティックと打ち込みの融合体のような音楽でも。 CAROL -A DAY IN A GIRL'S LIFE 1991- 【Hi-Res】

LOVE BEBOP / MISIA (2016 ハイレゾ 88.2/24)

もちろんこんなエネルギー感抜群の音楽だって上手くドライブしてくれるんですよ。音の礫が心地よい。LOVE BEBOP 【Hi-Res】

チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番 / リヒテル, カラヤン, ウィーン交響楽団 (1962/2019 SACD)

この音に脱帽。お買い上げ確定。フルオケとピアノとのバランスがしっかりと保たれて鳴るんだもの。

ベートーヴェン:交響曲第6番 / ベーム, ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 (1971/2018 SACD)

鳴るんですよ。スキャンスピーク君。こんなアナログライクな音をこなすんですよ。まいった。刺客にしてやられた。これはお買い上げだわ。マークオーディオちゃん、リプレイスされるわ。

RED LINE / 吉田次郎 (2019 ハイレゾ DSD256)

色々とザッピングした先で、スキャンスピーク君に意地悪をしてみた。鳴らすのに苦労するような音源を流してみたのだけれども、これをあっさりとクリアする素晴らしさ。こんなにカリッとした音源でも、カリッとさせるのと懐の広さとを上手いこと両立させてい…

遠方より刺客あり

デンマークはスキャンスピーク社製5cmフルレンジスピーカーが、師匠から送られてきましたよ。しかしまぁ、なんといいますか、5cmっすよ、5cm。それでこの音は何?確かに低域はサブウーファーでドーピングしているものの、ボーカル帯域の出方がうるさくならず…