音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

2019-09-16から1日間の記事一覧

Temple of Shadows / ANGRA (2004 FLAC)

あともう少しで頭の中のくすみが完全に取れそうなのだよな。と言うことで、この1枚。メタルです。ゴリゴリのブラジリアンメタル。こいつがまた最高にイカしてるんだ!

AMOSHE / 和泉宏隆 (1988 Apple Music)

ふと思い出して聴きたくなったのです。Apple Musicはかゆいところに手が届く。実はこのCD、発売当時は持っていたのですが、いつの間にか散逸。まだ高校生だったこともあってか、この作品全体に漂う何とも言えない素敵なアトモスフィアを理解しきれていなかっ…

Zigzagger / 黒田卓也 (2016 ハイレゾ 48/24)

どうにもこうにも頭のボンヤリした感じが取れない。この後、床に転がり、30分ほど仮眠を取るとようやく少しはスッキリとするが、時間は既に18時を回っていた。Zigzagger 【Hi-Res】

Off The Wall / Michael Jackson (1979/2014 ハイレゾ 96/24)

A&futura SE100からMDR-M1STへのバランス接続にて。パンの振り方が明確に見えて、とにかく楽しい。79年にここまで手の込んだ録音をしていたとはね。唯一問題点があるとすれば、寝起きのボンヤリした感覚がまだ続いていることだ。さもありなん、先ほども1時間…

Fool on the planet / the pillows (2001 FLAC)

ベスト盤にして名盤。もう18年も前のアルバムなのだけれども、この作品のオルタナ感とポップ感の絶妙なバランスはそうそうお目にはかかれない。それをNAS経由のESOTERICで再生することで、エッジのハッキリとしたサウンドに生まれ変わったかのように鳴ってく…

マーラー:交響曲第7番 / ジンマン, チューリッヒ・トーンハレ管弦楽団 (2009/2018 CD-DA)

昼間から急にクラシックな気分。それも極力重厚なものを。マーラーにしようと。テンシュテットでは重厚さに重苦しさが伴うので、ジンマンを選択。いつもの5番ではなく、たまには7番を。ジンマンのマーラーは、マーラー独特の重さの中に、どこか清涼さが漂う…

KEISUKE KUWATA / 桑田佳祐 (1988/2001 FLAC)

本日の朝一に。9時間ほど寝ていたようだ。寝過ぎで頭も身体もボンヤリしている。その様な中、このアルバムの1曲目が頭の中で回り出したので再生。