音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

2019-10-05から1日間の記事一覧

Ashes Are Burning / Renaissance (1973/2012 FLAC)

このシステムで初めて聴いた、なんて思っていたら、半年前に聴いていたよ。いやぁ、カタルシスカタルシス。プログレッシヴフォークでもありシンフォニックプログレでもあり。音がもうゴリゴリとね。そこに、アニー・ハズラムの声が伸びること伸びること。こ…

"Let's Rock" / The Black Keys (2019 ハイレゾ 48/24)

ロッキンに攻めてみる。"Let's Rock" 【Hi-Res】

A Vocalist / Shiho (2019 ハイレゾ 96/24)

本日のフォーカルさんタイムは、クラシックではなく、ボーカル物で攻めております。どんな音楽だって楽しめるオーディオシステムにしたのだから、何でもかんでも貪欲に楽しまないとね。それにしても特に2曲目。低域の伸びがとんでもないことになっていた。キ…

Yu Are Something / さかいゆう (2019 ハイレゾ 48/24)

結構かなり相当です。グッと来ます。グッとね。音楽の枠を取っ払った邦楽ポップス、一体どこにアダプトするというのか。いや、広くアダプトして欲しい「音楽」だわ、こわは。とにかくすごい。Yu Are Something 【Hi-Res】

Perfume The Best "P Cubed" / Perfume (2019 FLAC)

久しぶりにフォーカルさんで音楽を再生。いや、相当に久しぶりだぞ。と言うことで、Perfumeのリミッタを取り外すべく、それなりのボリュームでDisc1を堪能。

VOCALAND / V.A. (1996 Amazon Music HD)

2週間近く手つかずの状態だった部屋の片付けをする。片付け終えてスッキリしたところで汗もかいたのでシャワーを浴び、涼みながらこのアルバム。あ、片付けている時もこのアルバムを聴いておりました。CD音質でまた出逢えるなんて、うれしいじゃないですか。…

Violin Concertos - Mendelssohn & Schumann:テツラフ, ヤルヴィ, フランクフルト放送交響楽団 (2011 CD-DA)

ウィークデイが忙しすぎたリバウンドなのか何なのか、なんだか漫然とした土曜日を過ごしております。

Melody go round / 安藤まさひろ (1990/2013 FLAC)

T-SQUAREリーダ、安藤まさひろの1990年発売ソロ作。これもリアルタイムで聴いていた作品。音源を散逸してしまったので、再購入。BSCD2になっておりました。今聴いてみると、T-SQUAREの音楽を、T-SQUAREとは若干異なった光の当て方をしたような作品。伊東たけ…

ベートーヴェン:交響曲第6番&第8番 / ネルソンス, ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 (2019 ハイレゾ 96/24)

うん、いいね。色がクッキリとしている演奏が素敵です。Beethoven: Complete Symphonies 【Hi-Res】…しかし日本市場で買うととんでもない価格だな…。

ベートーヴェン:交響曲第7番 / ネルソンス, ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 (2019 ハイレゾ Amazon Music HD)

快活かつドラマティック!ウィーン・フィルをネルソンスが振って、ベートーヴェン交響曲全集と来たもんだ。ネルソンスはあの暗黒漆黒のショスタコーヴィチの印象が強いのだけれども、そのショスタコーヴィチでも骨太な演奏であったことは確かなので、ウィー…

GUNDAM SONG COVERS / 森口博子 (2019 ハイレゾ 96/24)

このアルバムを聴いている合間にコンビニへ行き、届いていたCDを引き取ってきた。コープマンとユングヘーネルのベスト盤。両方とも10枚組のボックスセット。これ、一体、どうしろと…。いつ聴けと?GUNDAM SONG COVERS (Digital Edition) 【Hi-Res】

IN MOTION / 吉田美奈子 (1983/2016 ハイレゾ 96/24)

朝の起爆剤。IN MOTION 【Hi-Res】

PASSION BLUE / 土岐麻子 (2019 ハイレゾ Amazon Music HD)

本日の朝一に。土岐麻子は過去に1回聴いたことがあるようないような、その程度。現代のシティポップを象徴する存在とのことなのだけれども、少なくともこのアルバムを聴いた感じでは、その「シティポップ」という冠は取り払って聴いた方が健全なのではないか…