音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

2020-01-08から1日間の記事一覧

ベートーヴェン:弦楽四重奏曲第7番&第8番 / 東京クワルテット (2005/2014 SACD)

病院から戻り、適当なJ-POPを流したのだが、ドラムの音が耳につんざくように入り込むので、この手の音楽は諦めた。と言うことで、ラックを眺め、目に止まったこのボックスセットからこのディスクを。何を聴いても良かったのだが「ラズモフスキー」がふと気に…

イージーリスニング / 坂本真綾 (2001 FLAC)

病院に行くために着替え、そして時間を潰す目的で再生。しかし、こんな音で鳴るんだな、スキャンスピーク君。分解能が数ステップ上がったのに音が厭味にならない。

ベートーヴェン:ピアノ、ヴァイオリンとチェロのための三重協奏曲&ブラームス:ヴァイオリンとチェロのための二重協奏曲 / シュナイダーハン, フルニエ, シュタルケル, フリッチャイ, ベルリン放送交響楽団 (1960,1961/2019 SACD)

聴きながらよく寝てた。目覚めると17時前。病院は18時からか。

シベリウス&ウォルトン:ヴァイオリン協奏曲 / ヘンデル, ベルグルンド, ボーンマス交響楽団 (1975,77/2016 SACD)

硬質重厚なオケに、温かみすら感じるヴァイオリンの音色が乗る。改めて、聴かせるディスクだと実感。シベリウスも交響曲よりも実はヴァイオリン協奏曲の方が聴きやすいかもしれないね。

モーツァルト: ヴァイオリン・ソナタ集 / シモン・ゴールドベルク, ラドゥ・ルプー (1974/2019 CD-DA)

ノイズキャンセリングヘッドホンにて生活音をシャットアウトし、この中から1枚を。スコンと寝ていた。目覚めると13時半を回っていた。とにかく、昨日今日とよく眠る。

中島みゆきソングス (Amazon Music HD)

身体も心も動かず、だたじっとしている。病院の予約は入れた。

0[lΛV] / SING LIKE TALKING (1991/2015 ハイレゾ 96/24)

起床する⇒シャワーを浴びる⇒全く力が入らない。昨日は身体の重さに来たけれど、今日はメンタルに来た。心に火が入らない状態。まんじりともせず朝を潰す。会社にはメールを入れる。