音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

2020-05-22から1日間の記事一覧

0[lΛV] / SING LIKE TALKING (1991/2015 ハイレゾ 96/24)

何回目かの午睡起きで頭がボンヤリとしている最中に、ikkoのレシーバを充電。その間にSHUREのレシーバを使っておりました。このアルバムの途中からikkoにまたチェンジ。SHUREはさすがは上手く音をまとめている印象。ikkoはヤンチャな側面もあるけれども、そ…

Essence / Michel Camilo (2019 88.2/24)

290gの0kcalゼリーを食べただけで再び午睡への旅。これを聴きながら。起きたら、もう17時なのですが。今日は一体どう言う日なのだ。

Frontiers / DEZOLVE (2020 96/24)

ガッツリと午睡している間に、雨になってしまった。本日の散歩はなしですな。ここしばらく、ずっとスッキリしない天気が続く。と言うことで、ikkoの慣らし運転は室内でじっくりと。このアルバムを聴いておりました。この元の音源は96/24で、aptX HDは48/24ま…

UTADA HIKARU SINGLE COLLECTION VOL.1 / 宇多田ヒカル (2004/2014 96/24)

で、こいつはFiiO M11 Pro SSからaptx HDの出力テストで聴きながら…ガッツリ寝ていた。昼食が出来たと起こされるまで。そりゃぁ、起きたのが1時だものね。何事にも限界、限度というものがある。

REQUEST -30th Anniversary Edition- / 竹内まりや (2017 FLAC)

ikko IBT05 Arcのお試し運転を兼ねて再生。この芳醇な音質が有線に遜色なく鳴りますね。

ikko IBT05 Arc 導入

ikko IBT05 Arc とその仲間たち中国はikko製Bluetoothレシーバ、IBT05 Arcを導入しました。aptX HD対応の優れ物。画像に写っているFiiO M5とは送り出し側の機能制限でaptXまでしか接続できませんが、これがまぁ、Bluetoothとはにわかに信じがたい高音質。こ…

BEST -E- / 藍井エイル (2016 96/24)

だから、私はLiSAか藍井エイルかと問われれば、断然藍井エイル派なんだってば。LiSAは聴いていて疲れるのよ。元気が出るどころか、エネルギーを吸い取られる。その点、藍井エイルは純粋に元気が出るのでいいのですよ。今日も一日頑張ろう!と単純に盛り上が…

今日だけの音楽 / 坂本真綾 (2019 96/24)

ようやく夜が明けた。このアルバムは朝一に聴くのにもいいですね。一日が始まるという雰囲気がある。

パンドラの小箱 +4 / 岩崎宏美 (1978/2019 SACD)

筒美京平全盛期の凄みを感じさせる1枚。これは本当に「凄み」としか言いようがないですよ。特にアレンジメントにおいてはある時期から完全に手を引いているので、ここで聴ける実験性が高く、それでいて今ではなかなかこういったチャレンジをするアレンジはな…

TSUGARU / 上妻宏光 (2020 96/24)

一巡して、古典楽曲がやはり面白い。聴いていてその人なりの色が出てきやすいこともあるし、その楽器のために作られ、練られてきた楽曲であるからこそ、古典ならではのワビサビが明確になりやすいこともあるかもしれない。上妻宏光の本作も津軽三味線一本で…

最近ちょっとベートーヴェンに飽きてきたかもしれない(東スポ的な何か)

最近ちょっとベートーヴェンに飽きてきたかもしれない。と言っても、交響曲の話。手軽に聴きやすく、発見もあって面白いとは思うのだけど、どれを聴いても「ザ・ベートーヴェン」と言った感があって、少々食傷気味なのかもしれない。まぁ、9曲しかないからね…

ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第3番 / グルダ, シュタイン, ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 (1970/2016 SHM-SACD)

午前3時。モーツァルトを聴いてからか、グルダの演奏への印象が自分の中で少し変わってきた感がある。演奏が優しいのですよ。力強く弾く場面であっても、決して攻撃的なプレイにならない。まろやかと表現すべきか、丸みを帯びていると表現すべきか。このディ…

ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第1番~第3番 / ヴィルヘルム・ケンプ (1965/2019 Blu-ray Audio)

21時就寝。1時起床。冗談じゃないぞ。と思いつつも、今は眠くなれば日中に眠る時間があるのだから、それはそれでよしとしようと、発想を転換。購入して手つかずだったこれのさわりを聴く。穏やかな表情のベートーヴェンピアノソナタ。派手さはないけれども、…