音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

2020-07-16から1日間の記事一覧

MIS CAST / 沢田研二 (1982/2014 FLAC)

井上陽水の『LION & PELICAN』を聴いた流れで、この作品を。ある意味二卵性双生児のような作品だよね。過去にこのアルバムを聴いた際には白井良明のオーバープロデュース感がどうしても気になっていたのだけれども、今となってはそれもありな世界で。

LION & PELICAN (Remasterd 2018) / 井上陽水 (1982/2018 192/24)

楽曲個々のストーリー性や言葉遊びが自在に展開される、素敵な大人のアルバム。聴けば聴くほどに好きになる作品。

infinite synthesis 4 / fripSide (2018 96/24)

重い腰を上げて、クラシックCDデータベースの更新作業に入る。終わらなかった…。作業の半分は明日へ持ち越し。

夏の惑星 / T-SQUARE (1994/2015 DSD64)

7月に入って一度も行けてなかったプールへと出向く。しかも数年ぶりの50mプール。ウォーキングも組み込みながら、それでも45分ほどで身体がギヴアップ。50mは本当にヘヴィであります。25mに比較すると水も重いし。帰宅後、とてつもない疲れとともにこれを流…

CELEBRATE 40th Live CD / CASIOPEA 3rd (2020 Amazon Music HD)

通して全部聴いたわけですが…これ、買いだ。ライヴ盤としては楽器間の分離が非常に明確なミックスがされていることと、何よりも演奏が熱い。円熟味を帯びた熱気とでも申しましょうか。この面子、まだまだやれるじゃん。

31 / DIMENSION (2020 FLAC)

とにかく分かりやすく、ストレートド真ん中。こんなに分かりやすいアルバムを作っても大丈夫なのかと、こっちが心配になってくるほど。

5TH DIMENSION / ももいろクローバーZ (2013 FLAC)

本日の朝一に。21時半就寝、4時半起床。が、これを聴き終えるとほぼ同時に椅子の上で寝てしまい、夢を見ながら7時半過ぎまで寝ていた。