音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

2020-07-19から1日間の記事一覧

Lucy / 坂本真綾 (2001 FLAC)

2001年と言うのは、実はもう相当昔の話なのだなと、今さらながらに思ってみたりしながら聴いていた。このアルバムは「人間だもの、色んな過去があったよね」と言った記憶を呼び起こさせる作品なのです。特に「紅茶」を聴くと、この当時、非常に辛い思いをし…

シングルコレクション+アチコチ / 坂本真綾 (2020 FLAC)

夕方にシャワーを浴びて、少し復活。真綾さんで気分を上げる。確かに上がるね、このコンピレーション。Disc2を聴きました。

アメジスト / UNLIMITS (2014 FLAC)

なんとなくUNLIMITSな気分だった。いよいよもって今日はダメですな。身体は元気なのだけれどもね。どこか感情が妙にマスキングされている感覚。

マグマ / 稲葉浩志 (1997 FLAC)

このアルバムを聴く時の自分は、決して本調子とは言えない状態のことが多いような気がする。今日は不調と言うよりは、何かが腑抜けになったような感覚。まさにこのアルバムを聴くにふさわしい。腑抜けた男ばかりが歌われる作品。

ここが奈落なら、きみは天使 / ZABADAK (2015 FLAC)

午後のボンヤリとした感覚は引き続き。そのような中で聴くこのアルバムは、どこか霧の中で見る白昼夢のような。

FOUR SEASONS / THE YELLOW MONKEY (1995 FLAC)

何となく選んで、何となく流して、何となく寝ていた。気がつけばお昼を回っていた。ボンヤリしながら昼食を摂る。

走馬灯 -BEST of DASEIN- / DASEIN (2003 FLAC)

自分、若い頃はカラオケの場で雰囲気を読まずに自分の世界に没入するだけの歌を歌っている同席者が苦手だったのですよ。厭な顔はさすがにしないけれども、心の中でね。でも、今思った。DASEINを歌ってた自分、正にそう言う人物じゃないかと。「桜吹雪」を熱…

IN MOTION / 吉田美奈子 (1983/2016 96/24)

FiiO M5がLDACに対応していたことを失念しておりました。FiiO M11 Pro SSが不可思議な動きをしているので、ただ今色々と動作確認中。たまに機嫌が悪くなるところも可愛らしい。なので、M5でAONIC 50にLDACで飛ばして聴いております。そんなミニマムな環境で…

bird / bird (1999 FLAC)

20年以上が経過し、時代二巡りで、逆に新しい感覚。

中島みゆき / 中島みゆき (1988/2018 FLAC)

何とはなしに「土用波」が聴きたくなったので、このアルバムを再生。中島みゆきの泣き節と恨み節と唸り節のオンパレード。ここまで濃いと、むしろ気分爽快になってきますな。

シューマン:交響曲第2番 / ティーレマン, シュターツカペレ・ドレスデン (2019 96/24)

朝のヘッドホンクラシック。この演奏も好みですね。

CELEBRATE 40th Live CD / CASIOPEA 3rd (2020 FLAC)

早々に眠りに就き、早々に目覚めた一番に。やっぱり格好いいですよ、これ。ライヴ盤なのに聴かせる。それはなかなかに凄いものがあるような。粗がないのよ、粗が。