音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

2020-08-24から1日間の記事一覧

Pick Me Up Off The Floor / Norah Jones (2020 96/24)

引き続きFiiOローエンドコンビネーションにて。これを聴きながら、今度はCDラックの整理をしておりました。また断捨離をせねばならないかな。もう断捨離対象CDは二束三文の物しかない状態なのだけれども。さ、寝ます。おやすみなさい。

Turn Up The Quiet / Diana Krall (2017 192/24)

FiiO M5とFiiO FH1sのFiiOローエンドコンビネーションが何でもかんでも鳴らせるわけでもないだろうと、ちょっとだけ意地悪をしてみることにした。

Reflections / 寺尾聰 (1981/2017 96/24)

引き続きFiiO M5とFiiO FH1sのコンビネーションで。散々これまで書いてきたことではありますが、鳴らすんですよ、これが。鳴るんですよ、これが。この時代の艶やかなアナログの録音と、そのハイレゾによるデジタル化の、そのハイブリッドな音の作りが、しっ…

STRAY SHEEP / 米津玄師 (2020 48/24)

なんとはなしに部屋の掃除等をしながら、FiiO M5とFiiO FH1sの組み合わせでリスニング。この組み合わせ、反則技的に強力なのですが。しっかりと音を出してくれると言いますか、ドライブさせる力が生半可ではないと言いますか。こんなに安い物同士の組み合わ…

BEST REMIX / カルロス・トシキ&オメガトライブ (1989 FLAC)

気温の上がりも今日はそれほどではないので、1時間ほどお買い物のために自転車に乗って外出。帰宅すると汗はかいたものの、気分はスッキリと。やはり人間、しっかりと太陽の光を浴びないと腐る。間違いなく腐る。と言うことで、帰宅後に爽やかなるこの作品を…

シューベルト:交響曲第5番 / ブロムシュテット, シュターツカペレ・ドレスデン (1980/2020 SACD)

シューベルトは「フレンドリー」であるという感覚が、自分にとってはしっくり来るような気がしてきた。あたりが優しいよね。

シベリウス:交響曲第5番 / ヴァンスカ,ミネソタ管弦楽団 (2011 SACD)

なんとなく、久しぶり感のあるクラシックを。心が少しばかり落ち着いて来たような気が。もう1枚くらい、何か聴きましょうかね。

Howling! / petit milady (2018 FLAC)

重い腰を上げて「成分2020」の更新作業を行う。諸々、自分がイヤになってくる。本気で失意のどん底に陥る。少しの間、立ち直れず。

infinite synthesis / fripSide (2010 FLAC)

5日間、連絡が取れなくなっていた友人に、さすがにおかしいと思い電話を入れる。どうやら諸々ダウンしていた模様。とりあえずは生きていてよかった。この所、身体の不調を訴えることが多かったので、一時は最悪のシナリオを考えてしまいましたよ。

FOUR SEASONS / THE YELLOW MONKEY (1995/2013 FLAC)

それでもまだ本調子には少し遠いようだ。

ribbon -30th Anniversary Edition- / 渡辺美里 (2018 96/24)

本日の朝一に。昨日はどうやら相当調子が悪かったようだ。今朝のスッキリ感がそれを物語っている。