音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

2020-09-30から1日間の記事一覧

THE SEPTEMBER WIND 九月の風〜通り過ぎた夏 / 松岡直也&ウィシング (1982/2017 48/24)

9月が終わろうとするこのタイミングでこのアルバムを再生したのは、本当に単なる偶然。序盤はゆったりとスタートし、終盤に向けてアクセルを踏み込んでいくこのアルバムの作りがなかなかにニクいよね、と。FiiO M11 Pro SSとSHURE AONIC4の組み合わせで聴き…

X&Y / Coldplay (2005/2016 192/24)

それでも物思いにふけり気味。とはいえ、何かネガティヴに傾いているというわけではないのだけれども。

2020年9月30日のスナップ

2020年9月30日のスナップここには写っていないNASのコントロールをタブレットに任せて、あとはメインとなるこの2台の機器が頑張ってくれている、と言う感じですね。なんとなく、この上期末日に撮っておこうと思った次第で。

ハンサムボーイ (Remastered 2018) / 井上陽水 (1990/2018 192/24)

ゴージャスな1枚。それでいて全体のバランスは取れているあたりが、すっかりベテランとなった井上陽水のその瞬間を切り取った作品であると言うことか。

IN THE LIFE / B'z (1991 FLAC)

切なさに転がり落ちるのも悪くないけれども、基本はシンパイナイモンダイナイナイナイザッツライフイッツオーライですよ。

Compass / Saigenji (2018 96/24)

日が落ちると共に、切なさに急激に襲われている。上期が終わるから?朝から色々な物を整理したから?Saigenjiを薄く流しながら、チビチビとジンのソーダ割りを。切なさは増していくばかり。

2020年9月末日の現状

CDラック見切れているこの下にあと4段あるのです。写っているのはクラシック領域の一部。もうやだ。 Blu-rayラック元は本棚ですよ。Blu-rayも今年に入って倍増したな。まだ増えそうな悪寒がする。

JOURNEY OF FORESIGHT / SHAKKAZOMBIE (1999 FLAC)

CDラックがパンク寸前。諸々整理をする。

FOUR SEASONS / THE YELLOW MONKEY (1995/2013 FLAC)

荒井岳史を聴き終えると同時に午睡。目覚めてボンヤリとした頭でこれを聴く。

will / 荒井岳史 (2017 FLAC)

タワレコオンラインでたまたま目に止まったのです。半額扱いになっていたので購入。リリース時には購入を見送っていたのだよね。その後すっかり記憶からは消えていた。さておき。これは荒井岳史なりのシティポップに対するアンサーなのではないかと思えてく…

Octogono / Rodrigo Carazo (2020 FLAC)

アルゼンチン発、フォルクローレ/フォークのシンガーソングライターによる作品。ミニマルに構成されたパーツと、様々な民族的エッセンスにより、これまで経験したことのないような浮遊感と滲み出るような哲学観が提示されている。アルゼンチンの公用語はスペ…

FIRST LIGHT (+1) / 松下誠 (1982/2019 FLAC)

「成分2020」のアップデートを行いながら。

Belie / 中森明菜 (2016 FLAC)

色々な角度から極めているこのシンガーを敬愛しないはずがない。

Smiling〜THE BEST OF NORIYUKI MAKIHARA〜 / 槇原敬之 (1997 FLAC)

散歩のお供に。素晴らしい秋晴れ。セロトニンが大分泌されるのを実感。

METAL GALAXY -JAPAN Complete Edition- / BABYMETAL (2019 FLAC)

本日の朝一に。今日も朝の散歩をしてきましょうかね。7分丈のシャツを着ていこう。冷える。