音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

2020-10-16から1日間の記事一覧

Then Again : The David Sanborn Anthology [Disc 1] / David Sanborn (2012 FLAC)

デヴィッド・サンボーンはいつかはしっかりと聴いておかないとならないなとは思っていた。なかなかその機会を掴むことが出来なかっただけの話で。今回図書館で接収した収穫物の一つがこれ。2012年の来日記念ベスト盤と言うことで、サンボーンの歴史をかいつ…

Jealousy / X (1991/2016 BSCD2)

思い立って久しぶりに図書館へと足を運ぶ。図書館はたまに行くからこそ面白いCDを拾えるものであって。そうしょっちゅう通っていても在庫に変化が感じられず、すぐに通うことに飽きてしまうのです。そんなこんなで今日はいい収穫が出来たのではないかと。そ…

GUITARHYTHM FOREVER Vol.1 / 布袋寅泰 (1995 FLAC)

自分にとって布袋寅泰はこのベスト盤が全てなのだよね。これ以降のベスト盤も持っているけれども、音圧ガッツリであまり好みの音ではないので滅多に聴かないのです。ラウドネスウォーに突入する前の、良心的な音のベスト盤。収録曲も最初から最後まで飛ばし…

FAST ACCESS / access (1993/2013 FLAC)

散歩をしたことで、少しは気分が上がってきたような気がする。朝一に身体を動かすことは、一日を整える上で重要な要素になっているな。音楽も軽いものが聴けましてよ。数時間前とは段違いだ。

BEST / 三浦大知 (2018 96/24)

散歩のお供に。なんともやるせない曇天模様。歩いても心は晴れず。三浦大知のボーカルが格好良いと思えたことだけがせめてもの救いか。

Family / スガシカオ (1998 FLAC)

本日の朝一に。まだ昨日の余韻を引きずっているのを感じる朝。窓の外は少しだけ昨日より明るく、散歩に出ない理由もない。風は冷たいようだが。外を歩いてくれば、昨日から続くこの重苦しい残滓は取り除くことが出来るだろうか。それとも朝一からこんな物を…