音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

2020-11-20から1日間の記事一覧

ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第3番 / グルダ, シュタイン, ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 (1970/2016 SHM-SACD)

この所、ベートーヴェンのピアノ協奏曲は透明度の高いピアニストによる演奏ばかりを聴いていたので、耳がそっちの方向に慣れてしまっていたと思い、グルダを引っ張り出してみることにした。確かに、特に高音の煌びやかさでは他にも特徴的なピアニストがいる…

ベートーヴェン:交響曲第7番 / ヤルヴィ(パーヴォ), ドイツ・カンマーフィルハーモニー・ブレーメン (2006/2013 SACD)

タワレコオンラインを見ていたら、このSACDボックスの廉価盤が出るという。もうそれだけの年月が経過したのかと思いつつ、しばらく聴いていなかったと思い再生。機動性の高さ、音の潔さ、明瞭さ。どれを取ってもワンアンドオンリーな存在のベートーヴェンで…

ブルックナー:交響曲第7番 / ゲルギエフ, ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団 (2020 96/24)

ヘッドホンにて鑑賞。音の動き、和声がはっきりと見えて、非常に心地よく聴けるブルックナー。かといって軽くなりすぎることもなく、ブルックナーならではの重厚感もしっかりとある。うん。これはいいものを買った。

ブルックナー:交響曲第5番 / ゲルギエフ, ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団 (2020 96/24 Amazon Music HD)

このボックスセットが出ることは知っていたのですが「これ以上ブルックナーを持っていてもねぇ」と見送っていたのです。ところが、今日、HDtracksからの金曜定期便メールを見ていたら、そこにこれがあるじゃないですか。サイトへ飛んで価格を見ると、案の定…

Amor / Amanda Martinez (2009/2015 DSD128)

しっとりとアコースティック系で。スペイン語で歌われるその発音が耳にやさしく入り込むラテンジャズ。

Close to Me / Susan Wong (2019 DSD64)

全部疫病が悪い。と言うことで、完全に暇になってしまった。大人しく、大人しい音楽を聴くことにする。ソフトに良質なサウンドで。

YES, NO. / THE SQUARE (1988/2015 DSD64)

イエスかノーかをはっきりしてくれと言っているわけではない。それ以前の処理がしっかり行われているか否かを明確にしてくれと言っているのであります。と、このアルバムのタイトルを見て、ふと思った次第。なんでここまで自分はじりじりしているのだろうか…

BEST -A- / 藍井エイル (2016 96/24)

これを聴き終えた後に、関係機関に連絡を入れる。待ちぼうけさせるのはよくないよ。うん。待ちぼうけする方も疲れるよ。と言うことで、エイルさんも半ば上の空で聴いていたのです。

DELICATE PLANET / access (1994/2014 96/24)

待ちぼうけの朝一に。少しばかりジタバタしてみたのだが、そうしたところで何も出来ないと言う結論に達し、ジタバタ劇はこのアルバムを聴いている最中に終わる。