音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

2020-11-25から1日間の記事一覧

結局午後は

なんとなくふてっていた。SpotifyとAmazon Music HDをNODE 2iを使って行ったり来たりして、「!」やら「?」やらな音楽をダラダラと聴き、メモを取ることも放棄して、気がつけばもう22時になろうとしています。今は、シンフォニックメタル聴いてます。ふてっ…

tokyo -30th Anniversary Edition- / 渡辺美里 (2020 48/24 Amazon Music HD)

本日午後の部、動き出しました。手始めに本日発売のこの音源を。聴き流すだけの音源を24bitクオリティでストリーミング出来ると言うのは、なんとも贅沢なことだと思いますよ。で、このアルバム。そう、買う程までのものでもないのであります。渡辺美里の欲し…

中島みゆき・21世紀ベストセレクション『前途』 / 中島みゆき (2016 FLAC)

外出の復路に。帰宅後、昼食を摂ったのち、しばし無音でボンヤリと。1時間半くらい魂が抜けていた。

the very best of fripSide -moving ballads- / fripSide (2020 FLAC)

外出の往路に。

the very best of fripSide 2009-2020 / fripSide (2020 FLAC)

朝のキックとして。朝一で外出です。用意は既に済ませました。あとは朝食を摂るのみ。とりあえず、外は寒い。タートルネックを着ましたよ。

ブルックナー:交響曲第3番 / ヨッフム, シュターツカペレ・ドレスデン (1977/2020 FLAC)

このブルックナーは穏やかに水をたたえる湖面を滑り行く風であるかのような雰囲気で。穏やかなる時は長く、そして時折水面に波を打たせるかのように。そのような第3番には多くは接していなかったな、などと思いながら。朝方にブルックナーを聴くと、心がどこ…

HYSTERIA / 鬼束ちひろ (2020 96/24)

しなやかで、したたかで、弱くて、強い。ここに収められている鬼束ちひろは七変化の様。楽曲毎に雰囲気と表情を変える。何か芯があるとすれば、それは「鬼束ちひろ」という人物像のみで、そのもはや安定してみせた存在が聴き手である自分に安心感を与えてく…