音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

2020-12-25から1日間の記事一覧

シューマン:チェロ協奏曲,チェロのための室内楽作品集 / ゴーティエ・カピュソン, ベルナルト・ハイティンク, ヨーロッパ室内管弦楽団, 他 (2019 CD-DA)

美しい…。シューマンが美しいのか、カピュソンが美しいのか、アルゲリッチが美しいのか。もう、全部ひっくるめて美しい。これに聴き惚れずに、何に聴き惚れるんだと言った勢いですよ。

シューベルト:交響曲第8番「ザ・グレイト」 / ホリガー, バーゼル室内管弦楽団 (2018 CD-DA)

今日はクラシック音楽を、まるでポップスを聴くかのように軽く聴いております。この音楽ジャンルとの関係性が、そこまで軽くなってきているのは、なかなかに自分にとってはよい兆しであって。音楽から何かを考察したり、推測したり、またはそれを触媒として…

ブラームス:交響曲第4番 / ヤンソンス, バイエルン放送交響楽団 (2012/2015 CD-DA)

これはいいブラ4ですね。聴いていて引きずり込まれましたよ。身体も動いていたしね。ボディは重めなのだけれども、香りは華やかとでも言いましょうか。

Wordless Anthology 3 ~ Masahiro Andoh Selection&Remix + 1 / THE SQUARE&T-SQUARE (1999 FLAC)

散歩のお供に。出がけの風は冷たかったのに、15分も歩いているうちに風がやみ、温度上昇。ダウンコートを公園で脱ぐ。暖かいを通り越してむしろ暑いほど。それでも年末年始になると、またグッと冷え込むらしいからね。

B'z The Best XXV 1988-1998 / B'z (2013 FLAC)

気が触れたかのように、一人、歌いまくっていた。クリスマスだから仕方ないよね。

LOOSE / B'z (1995 FLAC)

朝も早い時間からシンガロング。やはりアルコールを入れなかった翌朝は、何かとキレが違いますな。この作品を聴きながら、B'zのシングル曲における自分にとっての頂点は「LOVE PHANTOM」なのだな、などと思ってみたりしていた朝。打ち込みとギター。それがや…

Variety (30th Anniversary Edition) / 竹内まりや (2014 FLAC)

23時就寝、5時起床。洗濯物を干したりしながら、本日の朝一に。今朝の冷え込みはそれほどでもなく。それでも朝散歩ではなく昼散歩にしておきましょうかね、今日は。