音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

2021-02-21から1日間の記事一覧

Temptation / Chantal Chamberland (2019 DSD64)

ジャジーかつブルージーに夜は更けゆく。

Solstice-equinox / Diana Panton (2017/2021 DSD256)

マッタリと、夜。

シューマン:交響曲第1番 / ティーレマン, シュターツカペレ・ドレスデン (2019 96/24)

無条件に格好いいよね、これ。シュターツカペレ・ドレスデンのズッシリとした演奏を軽快にコントロールさせているあたりが、聴いていて心地よいのであります。いや、小気味よい、と言うべきか、これ。

ブルックナー:交響曲第3番 / ネルソンス, ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団 (2017 96/24)

思い立ってのクラシック音楽。1時間程度で聴ける物、と言うことでこれを選択。それを選択している段階で、相当クラシック音楽に染められているな、自分。それにしても明晰なブルックナーであることよ。録音の良さがその印象に影響しているのだろうけれども、…

BEST OF VOCAL WORKS [nZk] 2 -Side SawanoHiroyuki[nZk]- / SawanoHiroyuki[nZk] (2020 48/24)

「こんなに強い音楽を聴ける体力があるかしら」と思いきや、意外と聴けた。音楽的体力が戻って来ているのかしら。

夜行秘密 / indigo la End (2021 48/24 Amazon Music HD)

セツナ系アーバンバンドミュージック。今作はサウンドのまとまりもよく、それまでに見受けられた「どこか寄り道をしている感」もなく、最初から最後まで通してウェットな川谷絵音の世界観に浸ることが可能になっている。メロディもこれまで同様、何かをつか…

水響曲 / 斉藤由貴 (2021 96/24 Amazon Music HD)

斉藤由貴デビュー35周年記念セルフカヴァーアルバム『水響曲』。本日発売。デビューからの一連のシングル曲でアレンジを担当していた武部聡志を迎え、ピアノとストリングスを中心にアコースティックアレンジされた珠玉の代表シングル曲に、今の斉藤由貴がボ…

DELICATE PLANET / access (1994/2014 96/24)

本日の朝一に。昨晩は19時過ぎに布団を敷いてダウン。起きたのは6時過ぎ。その後このアルバムを流しながら、椅子の上でウトウトと。気がついたら7時半を回っておりました。どうもここ数日で、変な疲れがたまっていたらしい。