音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

2021-02-28から1日間の記事一覧

Copper Blue / SUGAR (1992/2020 FLAC)

こう言う作業(どう言う作業?)は、頭が煮え、かつ、乗りに乗っている時が最も楽しいのです。そう。買い物前のカタログ眺めが楽しいのと同様にね。買っちゃった後には意外と喪失感のようなものに襲われることが常であって。で、煮えながら聴いていた次第。…

Black Sheets Of Rain / Bob Mould (1990/2020 FLAC)

切れ味の鋭い鉈を振りかざし、咆哮を上げながら襲いかかるギターの魔神。粘度の高いギターを奏でながら、音で人を殺す。その実、内面に妙に優しいものを抱えていて、時折その笑顔を見せるあたりが、本性の二面性を現わしている好作品ではないかと。これがBob…

水響曲 / 斉藤由貴 (2021 96/24)

二十数年前の自分を慈しみ、愛おしく感じ、それを尊重しながらも、今の自分はここにいるのだと凛とした姿勢で臨む、そのボーカルスタイルが素敵過ぎるのです。

ヌイグルマー / 特撮 (2000 FLAC)

おーおおおーおお、おおおおおーこのアルバムのこのテンションの高さは一体何なんだろうねー。

I (ai) / 高野寛 (1993 FLAC)

ちょっと渋い付近の高野寛を。

MOTOHARU SANO GREATEST SONGS COLLECTION 1980-2004 / 佐野元春 (2020 FLAC)

これのDisc2を。洗濯物を干している数分間で、指先がすっかりかじかんでしまった。2月最後の朝は、それほどまでに寒い朝。空は透き通った青であります。

海のYeah!! / サザンオールスターズ (1998 FLAC)

で、日の出とともにこのアルバムと言うのも、なかなかに朝からこってりしているな。夜の時間帯に聴いた音楽とのこの落差よ。水力発電が出来そうだ。

#Acousticnow / Chlara (2020 DSD64)

何かと開けてきた時間帯にこれを。アコースティックなサウンドで夜を過ごし、そして朝を迎えたのであります。

6 on 224 / 和泉宏隆&須藤満 (2014 192/24)

リズム隊の入らない音楽をもう1枚。阿吽の呼吸による調和の音楽。

What's It All About / Pat Metheny (2011/2018 96/24)

結局0時近くまで布団にいたのです。そこからのっそりと起き上がり、布団をたたみ、朝まで一直線。と言うことで、昨晩聴いたものをリストアップ。まずはこれをヘッドホンで。静かな夜に。正直なところ、リズム隊が入った音楽が聴けなかったのです。