音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

2021-03-27から1日間の記事一覧

note / 上白石萌音 (2020 48/24)

少し長めに2時間ほど午睡。起き抜け、しばしボンヤリしたのちに、スピーカーの端子を磨く。ずっとやろうと思っていて出来なかった事。磨いたら音の抜けが少し良くなった…ような気が。プラセボでも良いものは良いとしましょう。精神衛生上の問題でもこの際良…

ORANGE / 電気グルーヴ (1996 FLAC)

ツイてねえしノってもいねえ、という状態だったのでこれを再生。大音量のままだったのだが、よしとする。

ベートーヴェン:交響曲第5番 / フィリップ・ジョルダン, ウィーン交響楽団 (2020 CD-DA)

朝の大音量で。大音量がスパッと決まる好録音。相当な音の切れ味。

水響曲 / 斉藤由貴 (2021 96/24)

諸々の作業をしながら聴いた。

BOOTLEG / 米津玄師 (2017/2020 96/24)

ぼんやりかつ集中して前半を聴き、後半は重い腰を上げてコルクボードに飾ってある写真たちを入れ替えていた。土曜日の朝の始まり。

ベートーヴェン:チェロとピアノのためのソナタ第1-3番 / フルニエ, グルダ (1960/2019 FLAC)

夜明けを待つ。

ベートーヴェン:ピアノソナタ No.12-15 / ヴィルヘルム・ケンプ (1965/2019 CD-DA)

真夜中のメールをしたためながら。