音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

2021-04-13から1日間の記事一覧

SINGER4 / 島津亜矢 (2018 FLAC)

歌怪獣がこのシリーズの7作目をリリースしていることを今になって知る。悔しいので、最新作を聴く前にこれを。前作までの段階で最もバリエーション豊かで、楽曲が充実している作品。聴く度に素晴らしい歌い手だと思うのですよ。

Imaginary Day / PAT METHENY GROUP (1997 FLAC)

こうやってイヤホンでこのアルバムを聴いてみると、なんともエモーショナルな作品であると再認識させられるわけですよ。ボリュームはもちろん高めで。気分が高揚してきますな。

トライアングル / Perfume (2009 FLAC)

ビシビシとタイトに音が耳へ直結していく様は、いつ聴いても快感。FALCON2はこの価格帯のTWSイヤホンにしては、本当によく出来ている音作りだと思うのよ。そのサウンドの美味しいところを上手くすくいあげて表現してくれる。チューニングが上手いのだろうね。

Sweet / スガシカオ (1999 FLAC)

何とはなしに。久しぶりに聴くこのアルバムもまた、今日のような複雑な味わいを見せる天気の日にはふさわしく。

水響曲 / 斉藤由貴 (2021 96/24)

スマホから送り出しの、NOBLE FALCON2にて。昨日の夜から、音楽はこの環境で聴いております。甥っ子が泊まっている間はこの環境で聴くことになるかと。昨晩、何とはなしに当該イヤホンのイヤピースを手持ちのJVCスパイラルドット++に交換してみたのです。あ…

今日は朝からすとぷり祭り

すとぷり祭り。甥っ子が泊まりに来ているために、すとぷりの曲が昨日から連続して流れているのです。それを聴いているおじさんも段々と楽しくなってきましたよ。とにかく曲がハッピーなのがいいね。ボーカルが何人もいるのもまた楽しい。サウンドメイキング…