音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

2021-06-21から1日間の記事一覧

All Rise / Gregory Porter (2020 96/24)

自分が自分に向けてアクティヴに動くと、周囲もアクティヴになる…のか?など、つらつらと考えながらこのアルバムを。自分を含めて周りも大きく動き出しました。どこまでこの機運を持っていけるかな。

STRAY SHEEP / 米津玄師 (2020 48/24)

はい、聴きましたよ。おおよそ期待していたとおりの音展開。全体的に音の力がパンプアップされました。と同時にSE的ギミックがより立体的に、より明瞭になって音として飛び出してきます。この音が欲しかったのだよね。こうなって欲しかった。賞賛。

HEART / L'Arc~en~Ciel (1998 FLAC)

インターミッション的に聴いていた。はずなのに、耳はこれまでの音との違いを感知して、そちらへと意識が行ってしまうのだよね。

infinite synthesis / fripSide (2010 FLAC)

ボーカルが妙な付帯音を伴わず、純度の高い声として再生される。純度の高さは全体的な高域の音質にも現われており、耳を刺激することのない、非常に聴きやすいfripSideが目の前に新たに現われた感。そしてこの音源がここまで広い音場を持っているものだとは…

NATURAL / T-SQUARE (1990/2015 DSD64)

本日の朝一に。マッタリと聴くつもりが、出てきた音にまたしても嘆息。朝から嘆息。リバーブたっぷりの音作りが、これまでに聴いたことのないエア感を十二分に含んでソフトに耳に届いてきた。何だこの世界…。幻想的な音世界まで感じさせるほどの出音ですよ。…