音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

2021-06-22から1日間の記事一覧

chouchou / 上白石萌音 (2016 96/24)

待機です、待機。0時に解禁される、カバーアルバムの待機であります。頑張って起きていますよ。あと20分弱。

To Brazil with Love / Diana Panton (2011/2019 DSD256)

もしやと思い、この11.2MHz音源を再生。ときめいた!あれだけ自分を悩ませた11.2MHzのネックが、こうもあっさりと解消されるとは。前のスピーカーケーブルが本当にボトルネックになっていたのだね。ソフトに弾力があり、そして空間の広さ、楽器の配置、そう…

水響曲 / 斉藤由貴 (2021 96/24)

ボリュームを絞り気味にして聴いても、音像の輪郭がはっきりしている。これは夜に効果的ですよ。このような音はこれまでは出てくれなかった。ボリュームを絞ると、音そのものも絞られていったので。

Digitalian is eating breakfast / 小室哲哉 (1989/2013 FLAC)

オーディオ的面白味を味わえるかな、と思って聴いたのだけれども、意外なことにそれほどでもなかった。なぜ?

Greatest Hits 1991-2016~ALL Singles+~ [Selected] / 大黒摩季 (2016 FLAC)

これが聴けるくらいまでには復活してきた。一体何に疲れていたというのか。

REQUIEM AND SILENCE / 鬼束ちひろ (2020 FLAC)

Disc3を再生。夕方までほぼ死骸状態。ようやく生き返ってきた。なんだか非常に疲れていた一日でしたよ。ここから巻き返します。