音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

2022-04-04から1日間の記事一覧

DOWN TOWN MYSTERY "NIGHT TIME"VERSION (+2) / カルロス・トシキ&オメガトライブ (1988/2022 CD-DA)

タワレコ限定2022年リマスタ。このアルバムをリマスタでリリースしてくれるとは、タワレコさん、かなりやるな。無論それは近年のシティ・ポップ再評価の流れを受けてのものなのだけれども、リアルタイムにこのアルバムを好んで聴いていた身からすると、何と…

新しい果実 / GRAPEVINE (2021 FLAC)

軽いアイドリングから始まり、後半に向かってどんどんとアクセルを踏み込んでいくようなドライブ感がとにかく素敵なロックアルバムだよね。GRAPEVINEがこの域に達してくれるのを聞き届けると、邦楽ロックも捨てた物ではないと胸を張って言える気がするよ。

Unlimited Love / RED HOT CHILI PEPPERS (2022 96/24)

RHCP待望の新作。前作が自分にとってほとんどピンと来なかったので、長らく旧譜でまかなってきたRHCP成分だったのだけれども、今作は、いいね。ギタリストが復帰しても寄る年波には勝てぬなのか、それとも寄る年波相当にメンバーの人間が丸くなってきたのか…

感受性応答セヨ / eastern youth (2002 FLAC)

通勤の復路に。どうにかこうにか1週間を生きのびましたよ。そんな雨の夜の帰り道にeastern youthをNW-WM1AM2にて。これまで体験したことのないようなぶっといギターの音が耳の中で鳴り渡るのです。エモいのです。これをエモと言わずして何と言う。

Da Best Of Da Pump / DA PUMP (2001 FLAC)

通勤の往路に。NW-WM1AM2で聴くDA PUMPは、とんでもないところから想像もしなかった音が飛びだしてくる感覚。バランス接続側はしれっと200時間のエージングを終えていました。