音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

2022-04-07から1日間の記事一覧

スニーカーダンサー (Remastered 2018) / 井上陽水 (1979/2018 192/24)

今宵はこの辺で。さ、明日からまた一週間の始まりですよ。

JACOB'S LADDER / Brad Mehldau (2022 96/24)

静謐混沌狂気祈り怒り嘆き焦燥現代に生き、現代を予見するかのごとくサウンドが並べられている。ブラド・メルドーはジャズピアニストの枠には全くとらわれることなく、現代と対峙するかのように、一音楽人としてのスタンスで作品を紡ぎ上げることが出来るの…

WORLD GROOVE / trf (1994 FLAC)

友人を偲びつつ音楽を聴くのはここまでで。期せずして、入手したはいいが聴けずにいたtrfの過去作品をまとめて聴くことが出来た。一部寝ていたけれどもね。

EZ DO DANCE / trf (1993 FLAC)

寝ていたらそのままこのアルバムまで進んでいた。途中で目が醒めて、そのまま再生を続ける。

dAnce to positive / trf (1995 FLAC)

本日は友人の命日。彼の好きだったtrfを聴こうとイヤホンで再生。寝てました。

DA POP COLORS / DA PUMP (2022 Amazon Music Unlimited 48/24)

DA PUMPが再ブレイクしてもその前と何も変わらないのは、良質なB級ポップを提供し続けていることなのだよね。今作もそう言った楽曲のるつぼ。聴いていてカラフルでポップで楽しい。正にタイトル通りのDA PUMPポップとも言うべき作品。やはり自分はこの手のち…

Hi-Fi POPS / ORESAMA (2018 96/24)

常にスマホやらDAPやらに入ってはいたのだけれども、なかなか聴く機会が巡ってこなかったアルバム。e-onkyoのアニソン特集でこのアルバムが取り上げられていたのを見て、久しぶりに聴いてみることにした。いや、分かってはいたのだよ。耳が喜ぶサウンドメイ…

GUNDAM SONG COVERS 3 / 森口博子 (2022 96/24)

本日の朝一に。全体的に本当にいい作りなのだけれども、特に後半に自分的グッと来るポイントが多くてね。森口博子が演出する男臭さにあふれていると言いますか。

Italian Lute Virtuosi of the Renaissance / ヤコブ・リンドベルイ (2016 Hybrid SA-CD)

夜も更け、思い出しかのように取り出したのはリュート音楽。リュートは自分の想像の中にしか存在しない中世ヨーロッパの世界へといざなってくれる。知的にそして穏やかに爪弾かれる弦の響き。それはしんと静かな夜を送ることが出来る、この当たり前の平和の…

ショパン・リサイタル / ミケランジェリ (1972/2020 UHQCD)

ピアノだけで紡がれるその音は、薄い月にも似て。脆いまでに完璧に造形された陶磁器を思い起こさせる。人の心もまた然り。心はその人物の中でのみ完結するならば完璧でもあろう。それを映す鏡が存在するからこそ揺れるのだ。