音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

2022-05-10から1日間の記事一覧

据置きオーディオ環境でSpotifyを聴く第4の方法を発見(NW-WM1AM2を使うわけですよ)

あまりにも休日の暇を持て余していたので、Spotifyのプレイリストでも流しっぱなしにしてシンガロングでもしていようかと思ったのであります。自分のオーディオ環境でSpotifyを聴くための方法は、主に3通りありまして。1.ストリーマーであるところのNODE 2i…

Dark Side Of The Moon / Pink Floyd (1973/2021 96/24)

ユーロビートからの反動であります。音楽的な色んな事を考えながら聴いてしまうよね。そんなことはないか。自分だけのカルマか。

The History Of Initial D (The Genesis) / Dave Rodgers (2022 Amazon Music Unlimited)

この手のプリミティヴなユーロビートは、聴いていても頭が働かないのがよいよね。などと思いながら流していたのだけれども、色んな「類似」フレーズがあちこちに散りばめられていて、その都度「これはどの曲にあったフレーズだったっけ?」と考えてしまうあ…

シューベルト:交響曲第3&4番 / ブロムシュテット, シュターツカペレ・ドレスデン (1978/2020 Hybrid SA-CD)

ちょっと重厚な雰囲気のシューベルトが聴きたくなったのでね。大音量にて満喫。最後の最後で寝落ちに入る。

WISH / T-SQUARE (2022 96/24)

朝のフュージョン連発で。この作品、本当に聴きやすくてよろしいかと。従来のT-SQUAREにあった、ベタッとしたウェットな感覚が薄いのだよね。その分、メインとなるメロディもやや薄味ではあるけれども、かといって中身の薄さとは至らない、なかなかに絶妙な…

27番街 ロサンゼルス トリオ フィーチャリング エイブラハム・ラボリエル、ラッセル・フェランテ&パトリース・ラッシェン / 神保彰 (2020 96/24)

結局仮眠のような寝落ち以降、一睡もすることなく朝になりましたよ。と言うことで、朝にふさわしい音楽を。神保彰で。神保彰が書くメロディの手癖のようなものが意外とあるのだなと、今さらながら発見してみたりして。「あ、今のフレーズ、神保彰くさい」的…

THE NAOYA MATSUOKA ~Best Selection~ (2022 Lacquer Master Sound) / 松岡直也 (1992/2022 96/24)

半ばゾンビのような生活をしておりました。オフィス移転に伴い、通勤先が都下から都心へと変わり、通勤時間も増えて、歩く時間も乗り換えの回数も増え。「なんだこれは、前職の悪夢再びかよ」とやるせない思いを抱えながらの生活だったのであります。帰宅し…