音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

2022-05-31から1日間の記事一覧

COMPLEX / COMPLEX (1989/2012 FLAC)

元気が出てきたところで、ちょっくら夜の街に繰り出してきますよ。少し時間は早いけれども。今月という呪われたかのような一月の禊ぎですよ、禊ぎ。

グラズノフ : ヴァイオリン協奏曲 / ユリア・フィッシャー, クライツベルク, ロシア・ナショナル管弦楽団 (2004/2016 Hybrid SA-CD)

今日のクラシック音楽会はこの辺までで。たまにはヴァイオリン協奏曲もね。

ショスタコーヴィチ:チェロ協奏曲第1番 / ゴーティエ・カピュソン, ゲルギエフ, マリインスキー劇場管弦楽団 (2015 48/24)

カデンツァが幽玄の極みでありますな。ショスタコのくせに、なかなかいい曲を書きやがる(貶める意図はない)。わりと元気になってきたかも。

ドヴォルザーク:ピアノ協奏曲 / スヴャトスラフ・リヒテル, クライバー, バイエルン国立管弦楽団 (1976/2021 Hybrid SA-CD)

ノンビリと体調を戻して行く。ドヴォルザークのピアノ協奏曲って、これまではそれほど印象に残っていなかったのだけれども、なかなかよろしいですな。リヒテルの滑舌のよい演奏が、曲を引き立てているのかもしれない。

CD大断捨離、遂行しました。

5月の下旬にCDラックを眺めていたら、急に気持ちが悪くなりまして。それは断捨離に向かう兆候なのです。物が「憑き物」になった瞬間、そのような感覚に陥ります。自分でも在庫が把握しきれなくなってしまったクラシックのCDを、一気に段ボールに詰め込み、買…

ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第5番 / クリスチャン・ツィメルマン, バーンスタイン, ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 (1992/2016 FLAC)

ツィメルマンの煌びやかなピアノを聴き、緩やかに心と身体を回復させております。今月は本当にギリギリまで諸々使い果たした。いや、尽き果てたのだな。

COMPLETE SOLO PIANO WORKS I / 和泉宏隆 (2019 48/24)

今日から3連休。初日の始まりは、ぬぼーっとした感覚で始まっております。疲れの極みにある模様。音楽も朝からこのようなもので。アクセントのあるソフトさ。

JP / クラムボン (1999/2016 DSD128)

本日の朝一に。ここ数日、生きてました。起きて通勤して帰宅して寝て。それ以外に何をしていたのか、記憶に膜がかかったような感覚であります。