音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

2022-06-18から1日間の記事一覧

ボトムオブザワールド / eastern youth (2015 96/24)

帰宅後に。諸々のダメージの積み重ねに対して、さらにこの音楽で追い打ちをかけ、そして超回復を待つといった具合ですよ。回復?案外するものだよね。

あの歌-2- / 上白石萌音 (2021 48/24)

通勤の復路に、もう一丁。「青空」まで聴けた。

note / 上白石萌音 (2020 48/24)

激務からの通勤の復路に。癒やされたかったのでありますよ。通勤の疲労によって仕事がはかどらないと言う状況で、心はそりゃぁ打ちのめされますよ。オフィス最寄りの駅から地下鉄に乗り、窓に映った自分の姿を「ああ、ポンコツな人間がここに立ってらぁ」と…

GO AHEAD! / 山下達郎 (1978/2002 FLAC)

通勤の往路に、もう一丁。尺の短いアルバムなら2枚は聴ける。

Variety (30th Anniversary Edition) / 竹内まりや (2014 FLAC)

通勤の往路に。そのような体調でありながらも、心の中で泣きつつ最新号の山下達郎特集「BRUTUS」誌を読んでいたので、今朝の通勤はこれにしようと。まぁ、朝のシャワーを浴びている最中に思い立ったのだけれどもね。

I could be free / 原田知世 (1997 FLAC)

本日の朝一に。昨日は本来であれば紀尾井ホールでのエベーヌ弦楽四重奏のコンサートを見るはずだったのだが、類い希なる絶望的な体調不良にて泣く泣く断念。せっかくの3列目のチケットが無駄になってしまった。そのようなことを引きずっての朝。昨日の体調不…