音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

two,too / Fried Pride (2005)

改めて聴くと、このアルバムがあってこそその後のShihoの軽やかなボーカルにつながっていくのだなと実感。やっぱりFried Prideは二人であってこそのFried Prideなのだ。