音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

MONT BLANC / ASPARAGUS (2007)

「そういえばほとんど聴いたことがなかったCD」シリーズ。いや、シリーズではないけれども。

ソリッドなギターにちょっとフェミニンな男性ボーカル。曲調は若干パンク。木村カエラへの提供曲で知ったバンドだったけれども、そのイメージで買ってみたら若干肩すかしだったという作品だった。ま、ファーストインプレッションからはそうそう外れていないけれども、今聴いてみるとなかなか好メロディで楽しめる。こういう作品はたまに聴くからいいんだろう。またしばし放置決定なアルバム。